デリケートゾーンの黒ずみは市販クリームで解消できる?ケア方法は?

デリケートゾーンの黒ずみが気になるという方は実際にケアを始めたいという場合が多いかと思います。
今ではさまざまな製品やアプローチがありますので、自分に合ったものを選択していただきやすいかとも思うのですが、個々で改めて、デリケートゾーンの正しいケア方法などについて考えていきたいと思います。

市販品でデリケートゾーンの黒ずみ対策は出来るのか?


結論から述べるとデリケートゾーンの黒ずみ対策は、市販商品では難しいと言えます。
場所が場所だけに病院には行かずに黒ずみを改善したいと思っている人が多いと言えますが、そもそも市販されていて、さらにデリケートゾーンに使用できる黒ずみ対策の商品自体が少ないのです。

またデリケートゾーンに使用出来る商品というのは化粧品もしくは医薬部外品で基本的に効果が弱いモノしか取り扱っていないのです。皮膚科などで処方されるような治療薬は医師の処方が必要となるのでドラックストアなどでは販売していません。
市販されている黒ずみ対策商品の多くが、肌のターンオーバーを正常化する為に保湿成分を含んでいるモノが多いです。使用することで肌は潤いますが、黒ずみが解消できるといった程ではありません。

中には美白効果があるハイドロキノンを配合した商品もありますが、市販されているモノは濃度が薄いので長期的に使用しても少し黒ずみが薄くなるといった程度の効果しか期待出来ません。それでもいいという方は試してみてもいいかもしれません。

ただハイドロキノンには副作用や使用上の注意点があり、独断で使用する場合には少なからずリスクがついてきます。
ハイドロキノン入りのクリームなどを使う際は、まずはメーカーに問い合わせるか、皮膚科の医師などに一度相談してみた方がいいでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみ対策はどうしたらいいのか?

デリケートゾーンの黒ずみ対策としては市販されている商品よりも通販などで販売しているデリケートゾーン専用の商品の方が効果があると言えます。ですがデリケートゾーンは皮膚が繊細な部位なので、必ず事前にパッチテストを行うことを推奨していますし、肌トラブルが起きる恐れがあります。

なのでデリケートゾーンの黒ずみ対策は、まずは皮膚科に行くことをお勧めします。皮膚科なら塗り薬や飲み薬の処方、ピーリング剤の処方、レーザー治療、手術といった複数の治療方法があり、その中から自分の症状や肌の状態に適した治療方法を医師に相談することが出来ます。また万が一肌トラブルが起こった場合でも、皮膚科なら対処してもらえるので安心して治療を受けることが出来ます。

デリケートゾーンの黒ずみ【正しいケア方法・商品の選び方】


ターンオーバーを正しいものにするためにも生活習慣に目を向けてみましょう。
例えば睡眠時間を8時間前後確保する習慣をつけたり、大豆たんぱくや牛乳・緑黄色野菜などを取り入れた食生活がおすすめです。
なかなか難しいかもしれませんが、できる範囲から意識をして見てください。

黒ずみ解消効果の高い美白クリームを使うというのも良いケア方法です。
医薬部外品指定されているトラネキサム酸や保湿効果も期待できるプラセンタが配合されているものが黒ずみに良いとされています。

さらに、デリケートゾーンのケアは他の部位よりもデリケートともいえるでしょう。
ですから、着色料やアルコール・パラベンなどが配合されていない無添加のものを使用していただくことをお勧めしたいと思います。
こうしたノンケミカルのクリームも実際には多く販売されているかと思います。

ドラッグストアなどで売られている美白グッズよりもできればデリケートゾーン専用のものを取り入れていただくのが効果もそして安心感もあるでしょう。

これ以上デリケートゾーンの黒ずみを悪化させない!守りのケア方法

基本的なデリケートゾーンの黒ずみ予防方法をご紹介します。
こうした部分をまずは認識しておくことで、効果にも違いが出やすいかとも思います。

保湿はしっかりと!

下着や剃毛などをされている方であればかみそりの摩擦などでダメージを受けてしまう事もあるのです。
このダメージは言い換えれば「乾燥状態に陥りやすい」ともいえるのです。
乾燥が進んでしまうと肌荒れの原因や黒ずみの原因ともなってしまうのです。ですので保湿を常に心がけておきましょう。

常在菌まで殺してしまわない、優しい洗浄方法を..!

ついついごしごしと洗ってしまうという方も多いかと思います。
しかしこれは、肌を傷つけるばかりではなく常在菌まで殺してしまう可能性があるのです。
この常在菌は「良い菌」でありこれがなくなることによってにおいやかゆみが生まれ乾燥状態にもなりやすくなってしまいますのでご注意ください。

摩擦や刺激は禁物です!

先にも触れた摩擦などをさけることも予防につながります。
例えば下着類も締め付けが強いものを選ばないことなどです。
とはいえ、生活をしていく中で難しいこともあるかもしれません。
そのような場合には、就寝時だけでも良いので締め付け感のないものをチョイスしていただくのも良いでしょう。

ムダ毛自己処理にご注意!

さらにムダ毛処理の際にも刺激が生まれてしまい黒ずみに繋がりやすくなってしまいます。
かみそりは特に傷つけてしまう恐れもありますのでおすすめできません。
サロンやクリニックにて行っていただくのが良いのですが、継続的に通う事や金銭的負担が気になるという声もあるかもしれません。
そのような方には、家庭用脱毛器などを使って負担のない環境を作っていただくのが良いかと思います。

黒ずみは消えても、またでてくるもの

そして黒ずみ専用クリームですが解消されたから「もう必要ない」というのではなく、できれば予防的な意味合いも効果を発揮してくれることから、継続的に取り入れていただくことをおすすめしたいと思います。
外部からの刺激や生活習慣にいくら気を配っていても、妊娠や肌年齢の低下などでも黒ずみはまた再発します。

黒ずみについて改めて考える

良い製品がたくさんリリースされても、ケアについての知識がないと十分な効果が発揮されないこともあるでしょう。
ですので、ぜひともこうした知識を持って黒ずみケアを進めてみてください。
個人差はありますが、良い状態へと導いてくれることでしょう。