デリケートゾーン黒ずみ解消に石鹸は効果あり?なし?石鹸比較・選び方

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる女性は、案外多くいます。そんな女性の悩みを解消してくれるのが、デリケートゾーン専用石鹸です。一般的なアルカリ性の石鹸と違い、弱酸性で肌に優しく、陰部の黒ずみも改善してくれる効果があります。

一般的な石鹸とデリケートゾーン専用石鹸の違いとは?


デリケートゾーン専用石鹸は、そのほとんどが弱酸性です。それに比べて、一般的な石鹸は大半がアルカリ性である特徴を持ちます。

デリケートゾーンには、常在菌と呼ばれる菌類が生存しています。これらは、臭いを防ぐなど良い働きをしてくれる性質があります。ところがアルカリ性の石鹸では、メリットの多い常在菌まで洗い流してしまうのです。

その点、弱酸性のデリケートゾーン黒ずみ専用石鹸は、臭いの原因となる雑菌類だけを洗い流し、必要な常在菌を守ります。肌に必要な表皮ブドウ菌なども、弱酸性の石鹸なら残したまま、雑菌だけを取り除けるわけです。

たとえば、女性の膣の中には、自然な自浄作用が備わっているのですが、弱酸性の石鹸を使うことによって、必要な菌類を残しつつ清潔にできるメリットがあります。

【デリケートゾーン専用石鹸】正しい使用方法と注意点

デリケートゾーンの臭いは、女性なら誰もが気になったことがあるのではないでしょうか。特に、生理中の不快感はかなり辛いものがあるでしょう。そして、臭いだけではなく、黒ずみも気になりますよね。

そのような悩みを抱えている方は、デリケートゾーン専用石鹸の使用をオススメします。ただ、その石鹸を使っていれば良いというものではないことをご理解ください。せっかく専用の石鹸を使っていても、正しい使い方をしなければ、臭いも黒ずみも改善できません。

普通の石鹸は、洗浄力が強いので、専用の石鹸を使うということは、必須だと言えます。かゆみが生じたり、臭いが悪化したりしないためにも、正しい使い方をご紹介させていただきます。

まず、デリケートゾーン専用石鹸を、優しく泡立てることから始まります。ネットがあれば、そちらを使いながら、ふわふわの泡を作ってみてください。そして、まずはアンダーヘアを優しく洗います。

①アンダーヘアを優しく洗う

ゴシゴシと洗うのではなく、優しく撫でるように洗うことがポイント。
強く洗ってしまうと、肌トラブルを起こす可能性アリ…!

②陰部を指の腹で優しく洗う

この時は、石鹸の泡はほんの少しでOK!
デリケートゾーンというのは、想像している以上に敏感な場所なので、優しすぎるくらいで丁度良いんです。細かい所は特に汚れも気になるので、丁寧に洗い上げましょう。

※※デリケートゾーンを洗う時は、膣の中は洗う必要はありません。
下手に洗ってしまうと、ばい菌が入ったり、必要な菌まで流してしまって、かえってダメージを与えかねません。汚れは確実に落としながらも、常に丁寧に優しくということは、心がけましょう。ゴシゴシ洗うことが必ずしもスッキリするということには繋がりません。

また、デリケートゾーン専用のパックなどもあるので、臭いが気になってスッキリしないという場合は、こういったアイテムを取り入れてみるのも良いかもしれません。

デリケートゾーン専用石鹸が必要になってくるワケ

女性のデリケートゾーンの悩みには、臭いや黒ずみ、かゆみなどが挙げられます。こうした肌トラブルの原因になっているのが、一般的なアルカリ性の石鹸をデリケートゾーンに使っていることです。

アソコの悩みであるだけに、友人にも相談しにくいですよね。おそらく、誰にも話せずに悩み続けている方も多いと思います。一般的なアルカリ性の石鹸は、デリケートゾーンの乾燥を生み出すのもデメリットです。

臭いや黒ずみ、かゆみの原因は、陰部の乾燥による場合が多いのです。特に、黒ずみは肌の色素沈着が原因であるといわれています。

下着が陰部にこすれることでも、色素沈着が起きやすくなります。また、VIOラインを毛抜きやカミソリで自己処理することも、黒ずみを起こす原因になるでしょう。

デリケートゾーン専用石鹸は、弱酸性の働きによって黒ずみの元になる色素沈着を防いでくれます。使ってみれば、普通の石鹸と違って快適な状態を保ってくれることがはっきりするでしょう。

「黒ずみ予防・解消」に効果的なデリケートゾーン用石鹸の選び方


デリケートゾーンの黒ずみで悩んでいる女性は、意外と多いもの。ですが近年は、そんな悩みを解消できるデリケートゾーン専用の石鹸も多く販売されています。
そこで気になってくるのが、「どんな石鹸を選べばいいのか」ではないでしょうか。一口に石鹸といっても様々な種類のものがあるため、黒ずみの予防や解消に効果的な石鹸の選び方を紹介していきます。

「ジャムウ」が含まれているか

黒ずみにアプローチできる成分として、最もポピュラーな成分といっても過言ではないのが、ジャムウです。ジャムウはインドネシアで古くから親しまれている民間伝承薬で、複数のハーブなどを調合し作られています。このジャムウの最大の魅力は、色素の一種であるメラニンに働きかけることができるということ。そもそも黒ずみが発生する原因は、肌が摩擦などの刺激を受け、メラニンが大量に作られることから始まります。

増えたメラニンが色素沈着を起こし、それが黒ずみとなるのです。ジャムウにはメラニンの生成を抑制する効果があるため、ジャムウが配合されている石鹸を使い続けることで黒ずみ対策をすることができます。

保湿成分が豊富に含まれているか

黒ずみを解消したいのであれば、ターンオーバーを正常化することも必要です。ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのことで、このサイクルが正常な状態であれば、メラニンの色素沈着も抑えることができます。そのためには、保湿成分が含まれている石鹸を選ぶことも重要。特にセラミドは保湿効果が高く、肌のバリア機能も高めてくれるので、メラニンが増える原因となる摩擦などの刺激からも肌を守ってくれます。

また、肌の弱い方は敏感肌用の石鹸をチョイスすることをおすすめします。デリケートゾーン専用の石鹸は弱酸性のものが多く、肌にやさしいものがほとんどですが、敏感肌の方は刺激になってしまう可能性もゼロではありません。洗浄力が強い場合、それが黒ずみを招くこともあるので、自分の肌に合った石鹸を選ぶというのも大切になってきます。

デリケートゾーン専用石鹸の短所。実はあまりおすすめできない理由


デリケートゾーンに黒ずみが出来てしまうとパートナーに不衛生な印象を与えてしまうので早めに改善していきたいところでしょう。それでデリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸を使用して洗いながら対処していく女性が多いですが、デメリットになる点もあるのであまりおすすめする事は出来ません。そこでなぜデリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸を使用して対処するのがおすすめ出来ないのか理由を挙げていく事にしましょう。

デリケートゾーンが炎症を起こしてしまう事がある

デリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸は普通の石鹸より洗浄力が弱くなっているので刺激を与える事は少ないです。しかし特殊な成分が配合されているので体質に合わない事もよくあります。体質に合わないと使用した後にデリケートゾーンが炎症を起こしてしまう事があります。それでヒリヒリとした痛みが出てしまう事があるので生活面で支障が出てしまう事もあります。

美白効果がないので綺麗になる可能性は低い

デリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸を使用して洗うと黒ずみが出来るのを抑える事が出来ます。しかし美白効果がないので黒ずみが改善されてもデリケートゾーンが綺麗になる可能性は低いです。女性はデリケートゾーンの黒ずみを改善する時に美白になる事も求めているのでデリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸を使用して洗うのは不都合になってしまう人が多いです。

費用がかかるので経済的にデメリットになる

デリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸は、普通の石鹸よりサイズが小さいのですぐなくなってしまいます。購入する回数も当然多くなるので、意外と費用がかかります。
また商品によっては値段が高くなっている事もあるのでコスパが良くない点もデメリットになります。

デリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸を使用して対処するのがおすすめ出来ないのはこのような理由が挙げられます。デメリットになる点が多いのでデリケートゾーンの黒ずみを対処していく時は専用のクリームを使用してみるといいでしょう。

効果を重視するなら「ジャムウ」「ミョウバン」「アロエ」などが含まれるものを


デリケートゾーン専用石鹸としておすすめなのは、「ジャムウ」や「ミョウバン」、「アロエ」などの成分を含む商品です。特に、ジャムウの成分を含む石鹸は、黒ずみの元となるメラニン色素の発生を抑えてくれる効果があります。
2回~3回程度の使用ではあまり変化がないように感じますが、繰り返し使い続ければデリケートゾーンの黒ずみがそれ以上進むことを防いでくれます。ジャムウという名称は、日本人にはあまり聞き慣れないものですよね。

実は、ジャムウとはインドネシアで昔から作られる調合薬を指します。さまざまな用途に使えますが、お肌のケアやデリケートゾーンの黒ずみ解消にも効果があるとされています。

ミョウバンの持つ殺菌効果やアロエの持つ保湿効果などをプラスすることで、デリケートゾーンをしっとりと快適に保ってくれるでしょう。また、パパイヤの成分が含まれる石鹸も、黒ずみに効きます。

口コミで好評なデリケートゾーン専用石鹸も多いので、もっとも適切と思われる商品を選びましょう。

薬局(ドラッグストア)で手に入る!デリケートゾーン専用石鹸人気ランキング

【第1位 ジャムウクリアナノソープ】
ジャムウクリアナノソープは厳選した12種類のジャムウ成分と豪華美容液を配合したデリケートゾーン専用の石鹸で黒ずみを抑えるマグワ根皮エキス、メラニン色素を抑制する効果があるミツカレ花エキス、殺菌作用があるミョウバンなどの成分が含まれています。これらの成分は天然由来の植物なので肌の優しくイソフラボン、プロテオグリカンをはじめとする保湿成分もたっぷり配合されているので黒ずみ解消、匂い対策にお勧めできる石鹸と言えます。
【第2位 東京ラブソーププレミアム】
東京ラブソーププレミアムは30万個を完売した信頼と実績があるデリケートゾーンケア用の石鹸で匂いと黒ずみ対策の他にも抑毛効果があると言われています。一般のモノより効果があるロイヤルジャムウ、ブルガリアローズ、美肌効果があるセリシンといった成分が配合されていて、他にも匂い対策の成分としてカキタンニン、チャエキスが含まれています。あとは美容成分としてフラーレン、ヒトオリゴペプチド-1・加水分解ヒアルロン酸が原料に使用されているので、気になる部分に3分間の泡パックをするだけで手軽に悩みを解消することが出来ます。
【第3位 シークレットレディ ジャムウソープ】
ワキ、Vラインといったデリケートゾーンが気になる人にお勧めなのがシークレットレディ ジャムウソープで濃密泡ケアにより消臭、黒ずみ対策、抑毛、引き締め、フェロモンといった5つの効果が期待できます。ジャウムをはじめとした天然植物が配合されているのが特徴で肌に優しくローズの香りでリラックス効果もあります。さらに消臭効果があるサトウキビエキス、茶葉エキス、柿タンニンが含まれています。他にも潤い効果があるプラセンタ、肌に透明感を与えるオタネニンジンが含まれています。
【第4位 薬用ハーブナノソープ(ヴィーナスラボ)】
シリーズ累計50万個を突破している薬用ハーブナノソープ(ヴィーナスラボ)は匂いや黒ずみといったデリケートゾーンの悩みを解消することが出来る石鹸です。そんな薬用ハーブナノソープ(ヴィーナスラボ)は医薬部外品なので優しくケアすることが可能ですし、カキタンニンとチャエキスといったWの薬用消臭成分と民間治療に使用されるジャウム成分、オリジナルブレンドのアロマを配合しているのが特徴です。さらに肌荒れや抑毛成分なども含まれているのでこれ1つでデリケートゾーンの悩みを全て解決できます。
【第5位 ME-CHU デリキュン 泡SOAP】
ME-CHU デリキュン 泡SOAPは究極の魔性泡ソープでどんな恋も思うがまま狙った男性を惑わすことが出来るデリケートゾーン用のソープと言えます。便利なポンプ式でワンプッシュで泡の状態で出て泡立てる必要がなくラクラクしようすることが出来、モチモチの濃密泡で黒ずみ対策、匂い対策、美肌対策をすることが出来ます。さらにフェロモンにより異性を惹きつける作用があると言われているので恋する女性の必需品ということが出来ます。

さまざまなデリケートゾーン専用石鹸を試してみよう

あなたがどのような悩みを持っているかによっても、最適な石鹸の種類は変わってきます。多くの女性たちが、デリケートゾーンのかゆみや黒ずみ、臭いに悩まされています。

どの商品が体に合うのか、最初はよく分からないかもしれません。そこでおすすめなのが、いくつか気になる石鹸を取り寄せてみることです。

試しに使ってみることで、どの石鹸が自分の体に最適なのかがはっきりするでしょう。