デリケートゾーンの吹き出物(ニキビ)黒ずみの原因、ケア方法!予防法も重要!

デリケートゾーンの黒ずみや吹き出物

「デリケートゾーンを触ったら吹き出物があった……」
「知らないうちに黒ずみができてた……」
視界に入りにくいデリケートゾーンは、普段からの気遣い方によって衛生面が保たれているかが変わりやすい場所です。
では具体的に、どのようなことに気をつけていけばいいのか、見ていきましょう。

デリケートゾーンにできてしまう吹き出物やニキビの種類とは?

デリケートゾーンの吹き出物は、幾つかの種類が考えられます。

  • 毛嚢炎(もうのうえん)
  • 化膿性汗腺炎
  • 性器ヘルペス
  • 尖圭(せんけい)コンジローム
  • バルトリン腺嚢胞

一言「吹き出物」と言っても、それぞれに症状の出方や原因があり、場合によっては通院が必要なほど深刻なこともあります。

デリケートゾーンの吹き出物、ニキビの原因

まず、前項で取り上げたそれぞれの吹き出物について、その原因を詳しく見ていきましょう。

毛嚢炎

「毛包炎」とも呼ばれるもので、毛穴のあるところにはどこでも症状が出る可能性のある皮膚の炎症です。軽い症状の場合は、特に痛みやかゆみなどもなく済みますが、悪化すると膿みになり、痛みを伴うこともあります。

毛嚢炎の主な原因
間違ったムダ毛処理、皮膚への摩擦(下着の擦れなど)、汗による蒸れなどが挙げられます。

化膿性汗腺炎

これは、アポクリン汗腺が多い部位(ワキの下、乳房の下、デリケートゾーン等)にできやすい“しこり”です。このしこりが膿みになり、膿が出た後は一度治ったように見えますが、また繰り返し起こるようになり、慢性化します。
これには痛みや臭いが伴います。

化膿性汗腺炎の主な原因
間違ったムダ毛処理、キツめの下着による擦れなどが一説に挙げられていますが、この化膿性汗腺炎は、汗腺が塞がれることで発症するものです。何らかの理由で毛穴が塞がり、細菌に感染したことが原因になっているとも言われています。

性器ヘルペス

性感染症の一つで、患部に水泡(水ぶくれ)ができ、痛み・かゆみが伴います。症状が悪化すると赤くただれてきます。
これは膣の入り口や外陰にできやすく、膀胱や子宮に及ぶこともあり、唇に症状が現れるケースもあります。

性器ヘルペスの主な原因
感染者との性交渉が原因として挙げられます。一度感染してしまうとウイルス(単純ヒトヘルペスウィルスⅡ型)が体の中に潜伏するようになり、体の免疫力が低下したときに再発しやすくなります。

尖圭(せんけい)コンジローム

これも性感染症の一つです。痛みはありませんが、患部にはイボができ、そのままにしているとどんどん増えていく特徴を持っています。

尖圭(せんけい)コンジロームの主な原因
感染者との性交渉が主な原因で、HPV(ヒトパピローマウィルス)というウイルスに感染します。再発しやすい感染症です。

バルトリン腺嚢胞

「バルトリン腺」は、膣口付近にある分泌腺で、性行為や出産時に潤滑液を出す働きを持っています。これが炎症などで塞がってしまうと、分泌された液がどんどん溜まり、膨れ上がって袋状の嚢胞になります。場合によっては数センチ規模になることも。

バルトリン腺嚢胞の主な原因
活発な性交渉によって起こりやすい、女性の感染症です。傷ついたバルトリン腺がブドウ球菌や大腸菌などに感染したことが要因と考えられています。

デリケートゾーンの黒ずみ原因

デリケートゾーンは、もともと敏感な肌の上、普段から常に下着の擦れや、蒸れやすい状態など、過酷な環境に晒されています。
そんな刺激を受け続けた肌は、メラニン色素が蓄積していきます。これが黒ずみの原因です。

普段から衛生面に気を遣うことで、黒ずみの発生を抑えるだけでなく、先述のような吹き出物を出にくくする環境を整えることが、デリケートゾーンの肌を守る方法です。

デリケートゾーンの吹き出物や黒ずみを治す方法

デリケートゾーンの吹き出物や黒ずみを治す方法はどの様なものがあるのでしょうか。ご紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみ対策石鹸で洗う

デリケートゾーンは弱酸性です。デリケートゾーン用の石鹸も弱酸性で作られている為デリケートゾーンに刺激を与えることなく洗うことが出来ます。
黒ずみ対策用の石鹸にはメラニン色素の生成を防ぐ成分が配合されている為黒ずみを改善し美白を手に入れることが出来ます。
またデリケートゾーンを清潔に保てるため吹き出物の発生を防ぐこともできます。

黒ずみ対策クリームを使う

黒ずみを薄くしてくれるクリームは現在多く販売されており、デリケートゾーンに使用できるものも販売されています。
これらのクリームにはメラニン色素の生成を妨げる成分や殺菌効果や抗炎症作用がある成分を含んでいるので黒ずみ対策、吹き出物対策を行うことが出来ます。

デリケートゾーン吹き出物や黒ずみを予防するためのポイント

デリケートゾーンは、特に「肌を大事に扱う」ことが重要です。

  • 生理中のナプキンはこまめに変える
  • うっかり忘れて長時間取り替えていない、などということのないよう、ナプキンを会社に常備しておく、バッグに必ず入れておくなどの対策はとっておきましょう。

  • 肌にやさしい弱酸性石鹸で、やさしく洗う
  • 石鹸には、アルカリ性と弱酸性のものがあります。
    洗浄力はアルカリ性のほうが強いのですが、そのぶん刺激も強いので、デリケートゾーンは弱酸性が望ましいです。
    また、ゴシゴシ洗うと、それも肌への余計な刺激になりますから、やさしく洗うように心がけてください。

  • デリケートゾーンは保湿も大事!
  • ムダ毛処理した後や、入浴後など、肌が乾燥しやすい状態に置かれているときには、必ず保湿クリームなどを使って保湿することを忘れないでください。

※デリケートゾーン専用の石鹸や保湿クリームも売られていますので、そういった商品を使うのも良いでしょう。

デリケートゾーンの吹き出物が2週間経っても治らない場合は病院で診てもらおう

もし、デリケートゾーンの吹き出物が悪化した、2週間経ったのに治る気配がない、痛みやかゆみがおさまらない……など、症状の改善が見られない場合は、すぐに病院へ行きましょう。

皮膚のことなので皮膚科でもいいですが、デリケートゾーン関係は「婦人科」「産婦人科」での受診がいいでしょう。

陰部の吹き出物、ニキビにやってはいけないNG行動

陰部にできてしまった吹き出物に対して行ってはいけない行動があります。
どの様なものがあるかご紹介しますので、万が一吹き出物が出来た際には注意するようにしましょう。

吹き出物を自分で潰さない

吹き出物が出来てしまうと早く完治すると思い潰してしまう人がいらっしゃいます。この行動は絶対に控えたいただきたい行動になります。
吹き出物をつぶしてしまうと菌が入りやすい状況になってしまう為吹き出物が再発してしまったり。その他の感染症を引き起こしてしまう可能性があります。
吹き出物が出来た際には潰したり触ったりするのではなく、薬を塗るまたは医師の診察を受けるようにしましょう。

吹き出物が出来た際にはデリケートゾーンを清潔にして蒸れないようにする

デリケートゾーンに吹き出物が出来てしまう原因は蒸れなどにより菌が増殖してしまい毛穴に侵入し炎症を起こしているからです。
環境を変えないまま薬を塗っていても吹き出物は再発してしまいます。
吹き出物が出来た際にはデリケートゾーンが蒸れないようにする、清潔な状態にしたのち薬を塗るようにしましょう。

刺激を与えないようにする

デリケートゾーンの吹き出物は肌が刺激を受けている時も発生しやすいです。吹き出物が出来ているのにカミソリで無駄毛処理などを行うと吹き出物を刺激してしまうだけでなく吹き出物がより発生してしまう原因にもなります。吹き出物が出来た際には完治するまでデリケートゾーンに刺激を与えないようにしましょう。

まとめ:デリケートゾーンのトラブルは慎重に判断!

以上、デリケートゾーンの吹き出物に関する原因や治し方、予防方法などを見てきました。
簡単にまとめると、

  • 吹き出物の種類は複数ある
  • 通院が必要な場合もある
  • 安易な自己判断は危険

このようなことが分かります。
デリケートゾーンの悩みは、日常生活にも支障をきたす可能性が高いですから、普段から肌の状態には気を遣うように心がけてください。