CATEGORY デリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーン

なぜ、デリケートゾーンが黒ずんでしまうのか、あなたは知っていますか?

その辺の人
石鹸でゴシゴシ洗えないから、汚れが溜まりやすいじゃないの?

いえいえ!違いますよ!!
黒ずみとは、皮膚に付着した汚れや垢のことではありません。

その辺の人
う~ん、あと思いつくのは・・・。
生まれつきの体質とか、遺伝かな?!

肌質が弱いと、多少は黒ずみと関係あるかもしれませんね。
でも遺伝は全く関係ありません!

デリケートゾーン黒ずみの原因には下着による摩擦や刺激、よくない自己処理などがあります。

お風呂で洗いすぎていたり、トイレで擦りすぎていたりすることもあるでしょう。
そうした悪しき習慣は、なるべくなくすように心がけるのがおすすめです。また、おすすめ解消法もご紹介していますので是非参考にしてみてください。

デリケートゾーン黒ずみの主な原因は「摩擦」「刺激」が一番大きい!

摩擦
脇やおしりなども黒ずみができる部位ですが、体の中で最も黒ずみやすい部位は間違いなくデリケートゾーンです。その理由は、皮膚が最も薄くダメージを受けやすいからです。

日常生活での摩擦や刺激が積み重ねが、いつの間にか黒ずみを発生させているのです。

また皮膚ダメージだけでなく、ホルモンやタンオーバー(新陳代謝)も黒ずみにも関係してくるので、詳しくお話していきます。

下着による摩擦や刺激

実は、デリケートゾーンの皮膚は、まぶたよりも薄いといわれます。その弱い皮膚を、小さな下着などを穿くことで毎日刺激していませんか?

肌は、外部からの摩擦や刺激に敏感です。ダメージが外から加わると、肌細胞はメラニン色素を生み出すことで肌をガードしようとします。そのため、デリケートゾーンの黒ずみが発生するのです。

カミソリなどによる自己処理

カミソリや除毛クリームでアンダーヘアのお手入れをするのは肌によくありません。実は、良くない自己処理によって、黒ずみを招いてしまうことも多いのです。

アンダーヘアをお手入れするなら、電気シェーバーやヒートカッターをなるべく使いましょう。また、脱毛サロンや美容クリニックでプロからの脱毛を受けるのもおすすめです。

ホルモンバランスの乱れ

あなたは、不規則な生活をしていませんか?偏った食生活や昼夜逆転などの不規則な生活をしていると、ホルモンバランスが崩れやすくなります。

その結果、肌の新陳代謝が正常に行われなくなることがあるのです。このような状態も、デリケートゾーンの黒ずみを生み出す原因になっています。

洗いすぎ・擦りすぎ

デリケートゾーンの洗いすぎも、黒ずみの原因になりがちです。それは、体に良い作用をもたらす菌までも、洗い流してしまうからです。

また、ごわごわした固いトイレットペーパーやナプキンを使い、陰部を擦ることでも黒ずみが発生しやすくなります。よく注意しましょう。

「黒ずみ」と「肌のターンオーバー」の関係性について

ターンオーバー
女性で肌の黒ずみが気になるという人は意外と多いと思います。
では、実際に女性で肌の黒ずみが起きるのはどういう事が原因で起きているかというと、それは肌のターンオーバーが大きく関係しています。

では、肌のターンオーバーというのは何かというとそれは古い肌を新しい肌に生まれ変わらせるサイクルの事を言います。
そしてこの肌のターンオーバーが正常に行われないと肌が黒ずむ事になります。

なので多くの女性が悩んでいるデリケートゾーンの黒ずみも肌のターンオーバーが正常に行われずに起きているというのがあります。
では、実際に肌のターンオーバーが正常に行われないとはどういう事かというと、それは普通に肌の新陳代謝が行われれば、肌が綺麗に再生するのが、きっちり肌の新陳代謝が行われない事で肌の黒ずみが起きるというのがあります。

それが原因で肌の角質が剥がれなくてそのまま古い皮膚が残ったままになってしまってメラニン色素が沈着したままになり、肌に黒ずみが起きるというのがあります。

それは普段肌を露出している箇所だけの話でなくデリケートゾーンも起きます。
なぜなら、それは肌のターンオーバーが乱れる事によって起きるからです。

そしてそれは加齢によって起きる人が多くなるのは、肌のターンオーバーの乱れは加齢によって起きるようになるからです。

なので本来なら正しくターンオーバーが行われていればデリケートゾーンの黒ずみは起きていなかったのが、しっかりターンオーバーが機能しない事でデリケートゾーンの黒ずみが起きるというのがあります。

なので加齢によってデリケートゾーンが黒ずんでいくのは自然な事です。
またデリケートゾーンは元々メラニン色素が多いので加齢によって黒くなります。

黒ずみを作り出す色素細胞「メラニン」についても知識を深めよう!

メラニンとは
メラニンには、元々黒色メラニンと肌色メラニンの2種類があるとされています。人間だけでなく、動植物や菌類の中にもメラニン色素は見られます。

人間には、白人や黒人、黄色人種などがありますが、それぞれ肌の色や髪の色が違うのはメラニンの種類や量が異なるためです。肌や髪の色が黒いほど、黒色メラニンの含まれる量が多くなっています。

現在のメラニン色素は、シミや黒ずみの原因として女性から嫌われる存在になっていますが、実は肌を皮膚ガンなどの病気から守ってくれる働きもあるのです。

強い紫外線を浴びたときに、水ぶくれや火傷が起こらないのは、メラニンが発生して肌をガードしてくれるからです。もし、メラニンが発生しなければ、夏に少し外を歩いただけで火傷が起こってしまうでしょう。

さらに、下着との摩擦から肌を守ろうとして、メラニン色素ができる場合もあります。デリケートゾーンの黒ずみだけでなく、顔にシミができるのも肌を守ろうとする体の仕組みが関係しています。

黒ずみ対策は、ほんの少しの意識だけですぐ始められます

あなたがデリケートゾーンの黒ずみに悩んでいるなら、まず黒ずみの原因を取り除く配慮が必要です。締め付けの強い下着を穿いたり、バランスのよくない食生活が習慣になっていたりする場合は、まずそれを改善しましょう。

黒ずみの原因となる行為をやめれば、それ以上悪化することはありません。もしどうしても黒ずみを改善したいなら、レーザー治療や美白クリームなどを使うことでも、黒ずみを薄くすることができます。

だから、何も落ち込む必要はないことを覚えておきましょう。同じ悩みを持つ女性もたくさんいるので、あまり悩む必要はありません。

前向きに対処することで、必ず悪い状態を改善できます。

デリケートゾーンが綺麗だと清潔感UP!人としての印象も変わってくる

デリケートゾーンの肌がしっかりケアされていることは、清潔な印象はもちろん、実際に清潔である、きちんとケアしていると分かるメリットもあります。

職場やプライベート、どこで出会う人も同じです。
やはりどうしても容姿を整えているか、いないかで、その人の印象や人間性のイメージは作られてしまうのです。
いくらお顔をキレイにお化粧していても、ビキニから黒ずんだお股が見え見えでは、その人の第一印象はどうでしょうか…?

顔や手足の肌の黒ずみを気にするように、ぜひデリケートゾーンの黒ずみも気にして、「いざ」というときの印象がマイナスにならないよう心がけましょう。

デリケートゾーンをきれいに保つなら!黒ずみを防ぐ下着の選び方

解消方法
シルクやコットンの素材を選ぼう!

デリケートゾーンの黒ずみを防ぐためには、シルクやコットンの素材を使っている下着を選んでみましょう。

今販売されている下着の多くは、合成繊維を使用しています。合成繊維は、着用している間にお肌を刺激するため、黒ずみを起こしやすくなっているのです。特にデリケートゾーンのお肌は、ほかの部位のお肌に比べて敏感なため注意しないといけません。

また、合成繊維は通気性も悪くお肌の炎症やかゆみの原因となってしまいます。
シルクやコットンを使用している下着は、お肌に刺激を与える心配がなく通気性もよいため、黒ずみの原因となる炎症やかゆみを予防することができます。

ゴムの締め付けが強くないものを選ぼう!

ゴムの締め付けが強いものも、黒ずみを引き起こすことになります。
下着のゴムがきつすぎてしまうと、その分だけお肌を圧迫することにつながります。しかも下着は長時間着用するものになるため、血行不良を引き起こす原因ともなるのです。
デリケートゾーンの黒ずみが酷いものの、その原因がわからない時にはゴムの締め付け具合を確認してみましょう。

下着を選ぶ基準として、着用したときにゴム部分のお肌に痛みを感じないことを重視する必要があります。万が一痛みを感じてしまう下着は、締め付けがきつすぎるため、避けるように気を付けてみるとよいです。

サイズは少しゆとりのあるものを選ぼう!

黒ずみ防止のためには、下着のサイズにゆとりのあるものを選んでみましょう。
サイズがぴったり過ぎるものだと、汗をかきやすくなります。たくさんの汗をかいてしまうと、それを栄養にする形で雑菌が繁殖してしまい、かゆみの原因になるのです。お肌にかゆみを感じれば、無意識にかきむしることになり、肌に刺激を与えることになってしまいます。

デリケートゾーンのお肌の黒ずみを防止するためには、衛生的に保つということも重視しないといけません。そのためにも、汗をかきにくく雑菌の繁殖を防止できるサイズの下着を選んでいく必要があるのです。

デリケートゾーンの「保湿方法」と「保湿手順」について解説!

保湿方法
デリケートゾーンの皮膚は保水力が低いため乾燥しがちです。乾燥すると痒みや痛みを引き起こすこともあり、働く女性には大きな悩みになっています。そんな女性の強い味方が、デリケートゾーン専用の保湿クリームです。最近では多種多様な保湿クリームが販売されていますが、どこの薬局でも売られているワセリンでもデリケートゾーンの保湿は可能です。入手しやすさや価格などを考慮して、自分に合った保湿クリームを選びましょう。

使い方はとても簡単。

まずはデリケートゾーンを洗って清潔な状態にしよう!ここで注意すべきは、ボディソープではなくデリケートゾーン専用ソープを使うこと。なぜなら、弱アルカリ性のボディソープを使うとデリケートゾーンには刺激が強すぎるほか、落としてはいけない常在菌までも洗い流してしまうためです。デリケートゾーン専用ソープがない場合はぬるま湯のみで洗っても大丈夫。指の腹を使って優しく洗い、泡が残らないようよくすすぎましょう。

保湿クリームでしっかり保湿!保湿クリームを人差し指に少量とり、粘膜の部分を避けてVIOラインに薄く塗ります。最初に点々と肌に乗せてから、シワに沿って伸ばすようにすると塗りやすいでしょう。ゴシゴシ擦らず、そっと押さえるようにしてなじませるのがポイントです。ワセリンの場合は常温では固いので、塗る前に手のひらで温めて柔らかくしておくと肌になじませやすくなります。

※固いままぐりぐり擦りつけるのは肌に負担をかけるのでやめましょう。
塗った箇所がベタつくようであれば、ティッシュをあてて余計な保湿クリームを拭き取って下さい。指で触れたときに肌が吸い付く程度が適量の目安です。

デリケートゾーン保湿ケアの注意点

注意点
デリケートゾーンの保湿ケアをする上で注意しなければならないことがあります。
一つ目は、保湿クリームを粘膜に直接塗らないこと。中にはデリケートゾーンの粘膜に刺激を与えるものもあるため、直接塗ってしまうのは危険です。無添加のオーガニッククリームや安全性に定評のあるワセリンなどでも、粘膜に塗ることは避けましょう。もしも粘膜に痒みがあるなら乾燥よりも何らかの病気を起こしている恐れがあるため、専門医の診断を受けて下さい。

二つ目は、保湿クリームを塗るときに皮膚を強く擦らないこと。デリケートゾーンの皮膚はとても薄くて弱いため、摩擦によって大きなダメージを受けてしまいます。保湿クリームは少量を薄くのばすものですが、伸びにくい場合は摩擦を減らすために多めに塗って、あとから余分なクリームを拭き取るようにするのが良いでしょう。もちろん、拭き取るときもティッシュで強く擦ったりしないよう注意して下さい。

三つ目は、劣化した保湿クリームを使わないこと。純度の高いワセリンは腐敗も酸化もしにくいものですが、そんなワセリンでさえ、保存状態によっては変色や異臭を生じることがあります。そうなってしまったら、たとえ使用期限内だとしても使わないようにしましょう。保湿クリームの劣化を防ぐために、容器からクリームを取るときは清潔なスプーンを使うなどして、雑菌や不純物が入らないよう配慮しなくてはなりません。

デリケートゾーン保湿ケアのタイミング

タイミング
デリケートゾーンの保湿を行うべきタイミングは三つあります。

入浴直後

入浴によってデリケートゾーンの保湿成分が流されてしまうので、お風呂上がりの肌は無防備な状態になっています。その状態で下着をつけると過敏に反応して痒くなってしまうことも。お風呂上がりには下着をつける前に保湿ケアをすることで肌のストレスを軽減することができます。
また、夜は寝ている間に皮膚の代謝が行われるため、美白効果のあるクリームなどを併せて使えば黒ずみ対策にも効果的です。

朝出かける前

日中にデリケートゾーンが痒くなりやすい人は、朝に保湿ケアを行うことによってそれをある程度回避することができます。着替える前に汗などを拭き取ってから保湿クリームを薄く塗って下さい。下着や衣類による摩擦が軽減されるため、痒みの原因を抑えられます。
また、服装は可能な限り通気性が良くて肌に擦れにくいボトムスを選ぶようにして下さい。タイトなジーンズよりもスカートの方が摩擦が少ないため痒みを起こしにくいです。

脱毛直後

ムダ毛処理を行った直後の肌はダメージを受けて敏感になっているため、速やかに保湿ケアを行ってそのダメージを和らげる必要があります。
また、カミソリを使った後は皮膚表面の角質が削り取られて肌のバリア機能が低下している状態なので、保湿クリームを塗ることによってバリア機能を補助することができます。

以上の三つのタイミングで欠かさずケアを行えば、デリケートゾーンの乾燥は大幅に改善されるでしょう。長く悩まされている方は、保湿ケアを見直してみるのはいかがでしょうか?

黒ずみ有効成分豊富&デリケートゾーン専用の保湿剤を選ぼう!

黒ずみ有効成分
デリケートゾーンの黒ずみや乾燥など悩みを抱えていても、場所が場所だけに友達や家族には相談しにくいものです。
どんなお手入れをすればいいのか迷っているなら、デリケートゾーン専用の保湿剤を使いましょう。

デリケートゾーンは皮膚がとても薄くて皮脂の分泌も少ないですから、顔用の保湿剤や美白化粧品では肌が荒れてしまう危険性があります
そのため、顔用やボディ用の保湿剤ではなく、デリケートゾーン専用のものを使うのが大切です。

黒ずみを薄くしたい方は、美白成分がしっかり配合されたものを選ぶのがおすすめです。
美白成分が浸透して黒ずみの原因になっているメラニンを抑制してくれますから、使っているうちにだんだんと黒ずみを薄くしてくれます。

また、デリケートゾーンは乾燥しやすい部分ですから、保湿成分がたっぷりと配合されたものが良いでしょう。
乾燥を防いでくれて硬くなった肌を柔らかくするなど、きめを整えてくれます。
美白成分の浸透を高めるサポートにもなりますから、黒ずみを軽減させるのにも役立ちます。

今は色んな保湿剤が出ていますから、効果が期待できて自分の肌に合うものを選びましょう。サンプルがあればまずはお試してみたり、ネットの口コミを参考にするのも良いでしょう。

デリケート専用保湿剤には、どんな成分が含まれているのか(有効成分)

有効成分
デリケート専用の保湿剤には様々な有効成分が配合されています。
多くの女性を悩ませているのが黒ずみですから、この黒ずみを薄くしてくれるような美白成分がしっかりと配合されています。
上記でも述べましたが、黒ずみの原因は日焼けやシミと同じメラニンです。
このメラニンの分泌を抑制させる、主な成分とは一体何なのか..?

聞き覚えのある名前かもしれませんが、以下の3つがメラニン生成を抑えるのに効果的な美白成分です。

  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタ
  • トラネキサム酸

どの美白成分もメラニンに働きかけて、黒ずみを予防・薄くする効果に期待できます。

デリケートゾーンの肌を健やかに保つために保湿成分もたっぷりと配合されています。
保湿の3大成分とも言われているセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンはたいていの保湿剤に入っています。
どれも肌を乾燥から守ってくれて、肌荒れしないきれいな肌へと導いてくれます。

炎症を抑える成分も配合されていて、植物由来の肌に優しいグリチルリチン酸2Kなどが入っています。
かゆみやかぶれなどを抑えてくれて肌の回復を促したり、肌トラブルが起きにくいように守ってくれます。

臭い対策に効果的なフラボノイドなどのポリフェノールが入っているタイプもあり、雑菌の繁殖を防いでデリケートゾーンの嫌な臭いをしっかりと防いでくれます。

デリケートゾーン黒ずみ解消保湿剤を選ぶときのポイント

ポイント
デリケートゾーンの専用保湿剤は色々な種類が出回っています。
効果があって肌に優しいものを選ぶというのが一番のポイントです。

まず、黒ずみ対策をするなら美白成分がポイントとなります。
有効な美白成分が入っているかどうかの目安となるのが、薬用かどうかです。
厚生労働省で認可された美白成分が入っている保湿剤なら、パッケージに薬用とか医薬部外品と書かれてありますから、それを目安にして薬用の保湿剤を選びましょう。

また、保湿成分が複数入っていて、保湿力が高いものがおすすめです。
パッケージや公式サイト、口コミなどを確認してみて、潤いを与えてくれて水分を逃がさない保湿力のあるタイプを選びましょう。

デリケートゾーンと呼ばれるくらいですから、顔以上に肌はとてもデリケートな部分です。
刺激になる成分が入っていないかどうかが重要になりますから、無添加タイプのもので、天然由来成分でできているものがおすすめです。
刺激を全く感じずに使えて、安全性の高いものをじっくりと選びましょう。

形状もローションやジェル、クリームと様々ですし、テクスチャーも保湿剤によって違っています。
継続して使ってこそ効果が発揮されますから、好みのタイプでテクスチャーや使用感などが満足できるものを選ぶのが良いでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみ解消方法はどのようなものがあるのか

解消方法
デリケートゾーンの黒ずみについて悩んでいるという方もいらっしゃるでしょう。
中には、恥ずかしくて・気になって水着を着ることができないなどという事もあるようです。
今回は、そんな黒ずみを解消するための方法についていくつか考えていきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみ解消方法って実は色々あるんです・・!

一度できてしまった黒ずみは解消することができない。
そのように思っている方も多いかもしれません。しかし、実は黒ずみの処置方法には3つの方法があるのです。それが以下の方法になります。

★美容皮膚科で治療美容皮膚科でレーザーやピーリングまたは、ハイドロキノンやトレチノインなどの成分が含まれたクリームで解消するという方法になります。
医療行為ということになりますので、効果としては高い方法かとおもいます。
とはいえ、ある程度の肌負担というものについて納得をしておくのも必要といえるでしょう。
金銭的な部分についても負担が大きいのもこの方法です。

★石鹸で解消見かけたことがあるという声も多いかもしれません。黒ずみ専用の石鹸は手軽で続けやすいですが効果としては薄いタイプともいえるかもしれません。
他の方法に石鹸をプラスするですとか、予防的な意味合いで取り入れるというのがおすすめの使い方です。

★クリームで解消黒ずみ解消クリームは医薬品ではなく「医薬部外品」のものが大半です。

効果に関しては実証済みのものも多く、肌の負担という意味合いにおいても少なくむしろ保湿などのケアも行っていただけるものも多いようです。
費用についても継続して取り入れていただきやすい範囲といえるでしょう。

3つの方法を簡単に比較した結果はコチラ▼

美白効果 安全性 コスパ
クリーム
石鹸
美容皮膚科

効果が出るまでに数週間~数カ月かかりますが、体への負担や金銭面も考慮すると、一番おすすめなのはクリームです。
「デリケートゾーンの黒ずみケアといえば、クリームでしょ!!」といっても過言ではありませんね。使用方法も塗るだけなので、とても簡単です。

デリケートゾーンの黒ずみ解消で一番効果があるのが「専用美白クリーム」

黒ずみ解消
上記のいくつかの方法の中で、効果が表れやすいのが「専用美白クリーム」であると考えることができるでしょう。
専用のクリームでは、薬用成分から美容成分・保湿成分など理想的な肌状態を目指していただけるのです。
ですから、加齢による黒ずみにも効果的だというわけです。

特に、専用クリームに含まれている「トラネキサム酸」が黒ずみの原因物質のもとから分解をしてくれますので予防という意味でも効果を期待できるでしょう。

美白専用クリームといっても様々あるのですが、日本製のものを使用するというのも副作用の可能性が低くなりますので良いでしょうし、そのほかの肌トラブルを抱えているというのでしたら同時にそれらを解消できる効果が期待できる製品を選ぶのもまたおすすめのアプローチです。

美白効果抜群!おすすめデリケートゾーン黒ずみ専用クリームをご紹介!

黒ずみ専用クリーム
黒ずみ専用クリームの選び方ですが、やはり「美白効果」が高いものをお勧めしたいと思います。
メラニン色素を抑えるための成分が含まれているのをチョイスするのがポイントです。
特に、トラネキサム酸などは効果があるとされています。

また、人気のあるクリームについても触れておきましょう。ご参考までにどうぞ。

アットベリー
アットベリー
コチラの製品には「プラセンタ」が含有されています。
この成分は化粧品でも良く使われていますのでご存知の方も多いでしょう。
美肌を作る作用があるというイメージもあるのですが、美白効果もあり肌そのものの活性化が期待できるという成分でもありますので、さまざまな要因からくる黒ずみにアプローチできます。
【アットベリー】Twitterのリアルな口コミをチェック♪

ハーバルラビット
ハーバルラビット
こちらにも美白成分がたっぷり含まれています。
ビタミンC誘導体・米ぬかエキスなど様々な美白効果が期待できる製品となっています。
保湿力やバリア機能なども高めてくれますので、「美白ばかりではなくしっかりと保湿ケアもしたい」という方におすすめです。
【ハーバルラビット】Twitterのリアルな口コミをチェック♪

黒ずみを悪化させない!アンダーヘアーの自己処理方法

シェービング
知ってましたか?
こんなアンダーヘア処理方法は黒ずみ悪化の原因に….!!

※アンダーヘアの流れに逆らって、シェービングしている

※ジェルや石鹸でしっかり肌を保護せずに、カミソリでシェービングしている

※アンダーヘア処理に脱毛(除毛)クリームを使用している

※アンダーヘアを毛抜きで抜く

これらは、デリケートゾーンの肌を傷つけダメージを負わせてしまいます。
カミソリや毛抜きでの自己処理は、費用がかからず、やり方も簡単なのでついやってしまいがちです。
しかしこの行為は、VIOラインの色素沈着にに繋がる可能性が非常に高いのです。
いかに肌に刺激を与えずに、アンダーヘア処理をするかが大切ですね!

◆アンダーヘア処理の重要ポイント!
  • 処理前・処理後にしっかり保湿する
  • シェービングは上から下に
  • 石鹸(低刺激)やジェルをたっぷり使い、肌を保護しながらシェービングする
  • カミソリより電気シェーバーの方が肌に負担をかけない

長く伸びたアンダーヘアは電気シェーバーの使用が困難なだけでなく、毛が引っかかって肌を傷つけやすい。長い毛はハサミでカットしてから、電気シェーバーを使いましょう。

デリケートゾーンは目元よりも皮膚が薄く、非常に繊細な皮膚なのです。

目元にガリガリ刃物をあてたり、脱毛クリームを塗ったりしないですよね?
そんなことしたら、皮膚を守ろうとメラニンがばんばん生成され、その結果、くすみや黒ずんだ目元になってしまうでしょう…。

目元より皮膚が薄くて弱い、体の中で一番デリケートな皮膚だからこそ、一番優しくケアしてあげる必要があります。アンダーヘアの処理は、正しい方法で行いましょう!

VIO脱毛は黒ずみ対策になるのか、それとも黒ずみの原因に..?!

デリケートゾーンの脱毛
「私のデリケートゾーンって黒ずんでいるけど、脱毛サロンや美容クリニックで脱毛できるのかな?」そう思って悩んでいませんか?もし、あなたがそう悩んでいるなら、プロの女性スタッフや女性看護師に黒ずみを見せて判断してもらうこともできます。

脱毛が原因で黒ずみが?!VIO脱毛と黒ずみの関係性について

VIO脱毛と黒ずみの関係性
実は、VIO脱毛が原因でデリケートゾーンに黒ずみができてしまうことがあります。

敏感なデリケートゾーンの皮膚に強い刺激を与えてしまうことがその原因です。そのため、自然とメラニン色素が発生して、皮膚を刺激から守ろうとする作用が働きます。

また、皮膚の新陳代謝のサイクルが崩れてしまうこともあります。そうなれば、正常なターンオーバーが行われませんね。

黒ずんだ皮膚が新しく再生されないため、メラニン色素が蓄積されてより黒ずみが酷くなってしまうこともあります。さらに、脱毛サロンなどでVIO脱毛をすれば、開放的な気分になって、食い込みが激しい小さな下着を穿いてしまったりします。

実は、下着とVIOラインの摩擦により、色素沈着が起こりやすくなることもあるのです。もし、あなたのデリケートゾーンに黒ずみがあるなら、そうした原因を取り除いていく必要があるでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみが原因で、VIO脱毛ができないこともあるの??

VIO
脱毛サロンのフラッシュ脱毛機や美容クリニックのレーザー脱毛機は、ムダ毛のメラニン色素に反応して脱毛をする仕組みを持っています。メラニン色素とは、ムダ毛の色を黒くしている色素のことです。

デリケートゾーンの皮膚に黒ずみがあれば、フラッシュやレーザーが誤作動して火傷してしまう可能性もあります。それを知った方は、「自分はデリケートゾーンに黒ずみがあるから脱毛できないのでは?」と不安になってしまうかもしれません。

もし、そのような不安があるなら、脱毛サロンや美容クリニックの女性スタッフに相談して脱毛可能かどうか判断してもらうこともできます。気になる黒ずみが普通に脱毛できる範囲内かどうかは、自分だけではわかりにくいです。

少し恥ずかしくても、プロの女性スタッフやエステティシャン、看護師などに確認してもらいましょう。女性同士であれば、デリケートゾーンを見せてもそれほど恥ずかしく感じることはないと思います。

一応、確認してもらうことができれば、「もしかしたら脱毛できないのでは?」と不安に思う必要はなくなります。脱毛のプロからはっきりと、「黒ずみが酷いので脱毛できません」と言われることは少ないと思いますが、そう告げられたら悩む必要がなくなって気持ちもすっきりするのではないでしょうか?

VIO脱毛を諦める前に、まずは信頼できる人に相談しよう

相談
女性にとって、デリケートゾーンの黒ずみは気になる悩みです。
黒ずみがある状態でVIO脱毛なんてしたら、火傷したり黒ずみが悪化してしまうんじゃないか?と心配してしまいますよね。

「あー、黒ずみさえなければ!この黒ずみのせいで、私の人生損してる!!」
なんて思ってしまう人もいるかもしれませんね。

でも実際のところ、デリケートゾーンが黒ずむのはとても自然なこと、わりと誰にでもある現象なのです。
特に女性は、妊娠・出産をすれば誰だって黒ずみます。

ですので、それほど悩む必要はありません。
「VIO脱毛したいけど、この黒ずみのせいでできないんじゃないか…。」
そう考えて悩んでいるなら、まずは信頼できる先生や脱毛サロンのスタッフに相談してみましょう。
一人で悩み続けずに信頼できる人に相談してみるのがおすすめです。

黒ずみの状態にもよりますが、ほとんどの場合は問題なく脱毛することができますよ。

超重要!日々のデリケートゾーンの洗い方にも工夫が必要なんです

クリームや石鹸の使い方

黒ずみへの対策は、ただ黒ずみケアのクリームを塗るだけでなく、洗うときにも気を遣うようにしましょう。
具体的には、まず「デリケートゾーンの黒ずみ専用の石鹸を使う」ということです。
先述のように、デリケートゾーンの肌は敏感ですから、配合成分も肌にやさしいもの(○:弱酸性、×:アルカリ性)を使用している商品をおすすめします。

デリケートゾーン、泡パックの方法と手順

泡パック
私が週に2回行っているのが、デリケートゾーンの泡石鹸です。泡石鹸に用いているのは通販で購入したデリケートゾーン専用石鹸。これを良く泡立てパックしています。
デリケートゾーンに限らず、皮膚の汚れ、例えば皮脂や古い角質、ほこりなど落とすときには、こすって落とすのではなく、泡で包み込んで落とすというのが基本です。特に顔などは摩擦が刺激になるので、泡で落とすとよいと言われますね。

デリケートゾーンというのは、いつも下着に包まれている場所ですし、蒸れたりしやすいところ。また排泄物などで汚れもたまりやすいところです。VIO脱毛をしていると毛も短いので、汚れは落ちやすいと思いますが、脱毛をしていない場合は、毛にも汚れがついています。それを落とすには、やはり石鹸を使用して泡パックすることが大切だと思います。

また通常の石鹸を用いて行うのもいいのですが、デリケートゾーンは粘膜などもある場所。そのためしみたりする原因となるので、デリケートゾーン専用も物が良いと考え購入したのです。これを用いることによって、粘膜への刺激は最小限に抑えることが出来ていると思います。また汚れも泡で包んでしっかり落とすことができるので、清潔感も大きいです。

洗いすぎによる乾燥もありませんし、摩擦による皮膚への刺激もありません。そのためデリケートゾーンには適した泡パックなのかなと思います。
デリケートゾーンは女性として清潔を保ちたいところ。ニオイの発生源になることも多いことからより敏感になることも少なくありません。そういった清潔を守るため、また摩擦を避けてくすみなどを避けるために、泡パックをするのがおすすめだと思います。

  1. 石鹸を泡立てネットでしっかり泡立てる
  2. デリケートゾーンにつけた泡はすぐに洗い流さず、3分程度待つ(泡パック)
  3. 優しく洗い流す(ぬるま湯を使う)

このような点を守り、デリケートゾーンの肌に負担をかけないよう気をつけてください。

また、熱湯をかけてしまうと皮膚の潤いに必要な皮脂までも洗い流してしまいます。
その結果、乾燥しデリケートゾーンの皮膚にダメージを与えてしまうんです。

なのでデリケートゾーンを洗い流すときは、人肌程度のぬるま湯が基本です!
35度~37度が理想です。ぬるま湯だけでも、ある程度の汚れや雑菌を洗い流すことは十分可能です。

お肌の健康を守ろう!黒ずみ予防のために摂取しておきたい3つの栄養成分

タンパク質
健康的な肌を保つには「タンパク質」が必須!

お肌の健康を保つためには、タンパク質を積極的に摂取してみましょう。
タンパク質は、お肌を作る元となる成分になるため美肌には欠かすことができません。
まず、お肌は筋肉やコラーゲン、エラスチンといった成分から構成されています。筋肉は表情を作るだけではなく、お肌の肉を支える役割があり老化防止の点から見ても重要です。さらに、コラーゲン、エラスチンは肌の水分を保持しハリのあるお肌を維持するのに役立ってきます。
タンパク質は、これらの成分を作る原料となるため、トラブルや老化のないお肌を求める人にとっては必須となるのです。

タンパク質を積極的に摂取したいと考えたときには、魚や肉類、大豆製品を摂取してみましょう。魚には良質な動物性タンパク質が含まれており、お肌のことを考えても効果的です。また肉類は、脂肪が多く摂取するのを躊躇しがちですが、赤身部分の肉を食べれば摂取する脂肪分を抑えられるようになり肥満の心配はいりません。
動物性のタンパク質とともに、植物性のタンパク質である大豆製品も食べれば、ホルモンの働きまで改善し美肌になれるでしょう。

メラニン色素の生成はビタミンCで抑え込む!

ビタミンC
シミやそばかすができやすい人は、ビタミンCを摂取してメラニン色素を抑え込んでみるとよいでしょう。
紫外線や老化現象により、どうしてもメラニンが生成されやすくなってしまいます。一見すると、有効な対策法はないと感じてしまいますが、ビタミンCにはメラニン色素を作る原因となるチロシンの働きを防止する効果が存在しているのです。ビタミンCをうまく利用すれば、これからできてしまうシミやそばかすを防ぎやすくなるでしょう。

また、ビタミンCの働きとして、できてしまった色素沈着にも働きかけることが可能になっています。
ビタミンCは、お肌の代謝を活発にする効果があるため、滞ってしまったターンオーバー機能を正常に改善することが可能です。古いお肌から新しいお肌に生まれ変わることができれば、色素沈着も自然に解消しやすくなるのです。
シミやそばかすが気になる人は、ビタミンCを含んでいる食材を積極的に摂取するとお肌に効果的です。中でも果物類には、ビタミンCが多く含まれており、積極的に食べることで美白を行うことができます。

鉄分は、黒ずみ・くすみ解消にGOOD!

鉄分
黒ずみやくすみが気になっている時には、鉄分の摂取を心がけてみましょう。
鉄分は血液の主要な成分になっており、全身に酸素を運ぶ役割が存在しています。肌にとっても十分な酸素が運ばれてくれば、細胞に栄養分を届けやすくなり、お肌の代謝機能を維持していくことができるのです。
肌の代謝が正常に行われることにより、角質や老廃物も排出することができるため、肌の黒ずみやくすみに悩まされることがなくなってきます。

女性の場合、毎月生理が訪れるため、どうしても鉄分不足になりがちです。お肌のことを考えるならば、日ごろから積極的に鉄分を摂取しておきましょう。
鉄分の多い食品として、レバーが存在しています。レバーは主に炒め物として食べることができるので、好きな人は調理を行ってみるとよいです。ただ、人によってはレバーが苦手に感じてしまう人もいるでしょう。レバーを食べることができない人は、ひじきやしじみ、ココアやゴマなどの食品を摂取してみましょう。
これらの食品には鉄分が多く含まれているため、レバーが苦手に感じる人でも無理なく鉄分を摂取できます。

VIO脱毛デリケートゾーンの黒ずみ
間違ったアンダーヘアの自己処理が黒ずみを作ってしまう!?VIO脱毛でも解決できます!

デリケートゾーンの処理は、女性にとっては“やって当たり前”という認識になって久しいこの頃ですが、この処理の仕方、皆さんはどのように行っているでしょうか? 方法としては、 自宅での自己処理を定期的にしている 脱毛して手入れ…

ヨーグルトデリケートゾーンの黒ずみ
ヨーグルトがデリケートゾーンの黒ずみケアに良いって本当!?注意点も合わせてご紹介します

デリケートゾーンの黒ずみ、なかなかの悩みどころです。 これを手軽にケアできたらと思いますが、そんな中の一つとして「ヨーグルトが黒ずみケアにいい」という話があります。 これなら近所のスーパーやコンビニで簡単に買えるものです…

デリケートゾーンの黒ずみ
デリケートゾーンの黒ずみケア商品人気ランキングをご紹介!【ソープ・クリーム】

デリケートゾーンの黒ずみが気になるという方の中には、実践的に解消していきたいと考える方もまた多いのではないでしょうか。 今では、デリケートゾーン黒ずみ専用グッズやアイテムもさまざまあります。 そこで今回は、ランキング形式…

デリケートゾーンの黒ずみ
デリケートゾーンの黒ずみはドラックストアや薬局の市販薬で、改善することはできるの?

デリケートゾーンの黒ずみを解消したいという方も多いようです。 今では専用クリームなども販売されるようになりましたが、ドラックストアや薬局・薬店で購入できるものも増えてきました。 そこで今回は、市販薬のクリームと処方薬との…