CATEGORY デリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーン

なぜ、デリケートゾーンが黒ずんでしまうのか、あなたは知っていますか?

その辺の人
石鹸でゴシゴシ洗えないから、汚れが溜まりやすいじゃないの?

いえいえ!違いますよ!!
黒ずみとは、皮膚に付着した汚れや垢のことではありません。

その辺の人
う~ん、あと思いつくのは・・・。
生まれつきの体質とか、遺伝かな?!

肌質が弱いと、多少は黒ずみと関係あるかもしれませんね。
でも遺伝は全く関係ありませんよ!

ここではデリケートゾーンの黒ずみの原因から解消法まで、徹底的に解説しますので、ぜひご参考にしてくださいね。

デリケートゾーン黒ずみの主な原因は「摩擦」「刺激」が一番大きい!

摩擦

VIOラインそれぞれの黒ずみ原因について、詳しく解説します。
心当たりがあって思わず「あぁ!」と言う声が聞こえてきそうですね..(笑)。

Vラインの黒ずみ原因

Vラインの黒ずみ
毛の処理による摩擦や刺激

Vラインは目視できる箇所のため「そろそろ処理しなきゃかな?」と気になってしまい、頻繁にカミソリや毛抜きなどで毛の処理をする方が多いかと思います。
その定期的な自己処理が、Vラインの皮膚にダメージを与え黒ずみを招いてしまいます。

下着の問題

小さい下着でも、緩い下着でも黒ずみの原因になります。
合っていない下着を身につけることでVラインが下着に圧迫され続けてしまったり、擦れ続けることで黒ずみになります。

きちんと洗えていない

Vラインが上手く洗えていないという方が意外と多くいます。
目視できる見やすい箇所のVラインではありますが、洗体時になんとなく洗い「洗っているつもり」になってしまう箇所でもあるため日々の洗体時にきちんと洗えていないことが原因で黒ずみになってしまうのです。

皮膚が上手く再生されていない

皮膚は毎日成長し続けます。腕や脚などをケガしても数日後には治っているのは皮膚が毎日成長し続けているからです。
ですが、不規則な生活をしていて生活習慣が乱れていたり、栄養が偏り過ぎていたり栄養不足であると皮膚が正常に成長しなくなり、Vラインの黒ずみの原因になります。

Iラインの黒ずみ原因

Iライン黒ずみ
下着による皮膚刺激

Vラインの黒ずみの原因と同様で、身に着けている下着が小さかったり緩かったりきつく、自分に合っていなく下着を身に着けていると一番下着に触れる箇所でもあるIラインが摩擦によって黒ずみの原因になります。

妊娠と出産

妊娠をすると女性の体は大きく変化し、お腹が大きくなるにつれてVIOが圧迫されて血液の循環が悪くなります。
すると上手く血液が循環できていないことが原因で、VIOの中でも一番敏感なIラインに色素沈着が起こりやすくなります。

そして出産をする時にIラインは摩擦を受けやすくなるだけではなく、傷の引きつれやうっ血等が原因で黒ずみになってしまいます。

皮膚の成長

これもVラインと同じで、上手く皮膚の成長ができていないと黒ずみの原因になります。
また、生活習慣や栄養面だけではなく、運動不足や水分不足、睡眠不足等が原因で成長ホルモンがスムーズに分泌されなくなり皮膚の成長がしにくい状態になります。

脱毛方法が合っていない

Iラインは自分では見にくい箇所のためワックスやテープ等で脱毛する場合無理矢理毛を引き抜くため皮膚への負担が大きくなり、何度も繰り返し炎症を起こすことで黒ずみの原因になっています。

Oラインの黒ずみ原因

oライン黒ずみ
ムダ毛の自己処理

Oラインは自分では見えない箇所の為“なんとなく“の分かる範囲で毛抜きで処理をしたり、「どこに生えているか分かんないからカミソリで一気に剃っちゃおう!」といった大胆な処理の仕方の方も居ます。
自分では見えない箇所だからこそなんとなく絵処理してしまいがちなOラインですが、こうしたなんとなくの自己処理は痛みを感じないほどの小さな傷がついてしまったり、自己処理の適当さで色素沈着になってしまうことが原因で黒ずみになります。

座っていることが多い

日常的に座っていることが多い方の場合はその摩擦や圧迫で黒ずみの原因になっています。

トイレットペーパーでの摩擦

排便時で拭く際のトイレットペーパーの摩擦で黒ずみにもなります。
排便時にウォシュレットを使用したとしてもウォシュレット後にトイレットペーパーで拭くため、トイレットペーパーの過度な摩擦は黒ずみになる原因でもあります。

デリケートゾーンの黒ずみ対策方法について

解消方法

一度できてしまった黒ずみは解消することができない。
そのように思っている方も多いかもしれません。しかし、実は黒ずみの処置方法には3つの方法があるのです。それが以下の方法になります。


★美容皮膚科で治療美容皮膚科でレーザーやピーリングまたは、ハイドロキノンやトレチノインなどの成分が含まれたクリームで解消するという方法になります。
医療行為ということになりますので、効果としては高い方法かとおもいます。
とはいえ、ある程度の肌負担というものについて納得をしておくのも必要といえるでしょう。
金銭的な部分についても負担が大きいのもこの方法です。

★専用石鹸で解消見かけたことがあるという声も多いかもしれません。黒ずみ専用の石鹸は手軽で続けやすいですが効果としては薄いタイプともいえるかもしれません。
他の方法に石鹸をプラスするですとか、予防的な意味合いで取り入れるというのがおすすめの使い方です。

★専用クリームで解消黒ずみ解消クリームは医薬品ではなく「医薬部外品」のものが大半です。

効果に関しては実証済みのものも多く、肌の負担という意味合いにおいても少なくむしろ保湿などのケアも行っていただけるものも多いようです。
費用についても継続して取り入れていただきやすい範囲といえるでしょう。

3つの方法を簡単に比較した結果はコチラ▼

美白効果 安全性 コスパ
クリーム
石鹸
美容皮膚科

効果が出るまでに数週間~数カ月かかりますが、体への負担や金銭面も考慮すると、一番おすすめなのはクリームです。
「デリケートゾーンの黒ずみケアといえば、クリームでしょ!!」といっても過言ではありませんね。使用方法も塗るだけなので、とても簡単です。

黒ずみ対策で一番おすすめなのは専用クリーム!

黒ずみ解消
上記のいくつかの方法の中で、効果が表れやすいのが「専用美白クリーム」であると考えることができるでしょう。
専用のクリームでは、薬用成分から美容成分・保湿成分など理想的な肌状態を目指していただけるのです。
ですから、加齢による黒ずみにも効果的だというわけです。

特に、専用クリームに含まれている「トラネキサム酸」が黒ずみの原因物質のもとから分解をしてくれますので予防という意味でも効果を期待できるでしょう。

美白専用クリームといっても様々あるのですが、日本製のものを使用するというのも副作用の可能性が低くなりますので良いでしょうし、そのほかの肌トラブルを抱えているというのでしたら同時にそれらを解消できる効果が期待できる製品を選ぶのもまたおすすめのアプローチです。

デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームの選び方

黒ずみ対策クリームの選び方

クリームの選び方としては

  • デリケートゾーン専用のクリーム
  • 低刺激クリーム
  • 医薬品
  • 低価格

が大切になります。

デリケートゾーン専用のクリームを選ぶということは当たり前ですが、デリケートゾーンは皮膚が繊細のため「低刺激」のモノに越したことはありません。また、医薬品や薬用と記載されている方が効果を実感しやすくなります。

そして最後に「低価格?」と疑問に思った方も多いと思いますが、高価なものだともったいなくてたっぷりしと使用することができず効果が発揮されなかったり、効果ということで続けにくかったりします。

ですが、低価格のモノであれば惜しみなくたっぷりと使用することができるため効果が発揮され、低価格ということで続けやすくなります。
黒ずみ対策は“続ける“ことが大切で、続けることに意味があります。

美白効果抜群!おすすめデリケートゾーン黒ずみ専用クリームをご紹介!

黒ずみ専用クリーム
黒ずみ専用クリームの選び方ですが、やはり「美白効果」が高いものをお勧めしたいと思います。メラニン色素を抑えるための成分が含まれているのをチョイスするのがポイントです。
特に、トラネキサム酸などは効果があるとされています。

また、人気のあるクリームについても触れておきましょう。ご参考までにどうぞ。

アットベリー
アットベリー
コチラの製品には「プラセンタ」が含有されています。
この成分は化粧品でも良く使われていますのでご存知の方も多いでしょう。
美肌を作る作用があるというイメージもあるのですが、美白効果もあり肌そのものの活性化が期待できるという成分でもありますので、さまざまな要因からくる黒ずみにアプローチできます。
【アットベリー】Twitterのリアルな口コミをチェック♪

ハーバルラビット
ハーバルラビット
こちらにも美白成分がたっぷり含まれています。
ビタミンC誘導体・米ぬかエキスなど様々な美白効果が期待できる製品となっています。
保湿力やバリア機能なども高めてくれますので、「美白ばかりではなくしっかりと保湿ケアもしたい」という方におすすめです。
【ハーバルラビット】Twitterのリアルな口コミをチェック♪

超重要!日々のデリケートゾーンの洗い方にも工夫が必要なんです

クリームや石鹸の使い方

黒ずみ対策は、ただ黒ずみケアのクリームを塗るだけでなく、洗うときにも気を遣うようにしましょう。
具体的には、まず「デリケートゾーンの黒ずみ専用の石鹸を使う」ということです。
先述のように、デリケートゾーンの肌は敏感ですから、配合成分も肌にやさしいものを使用している商品をおすすめします。(○:弱酸性 ×:アルカリ性)

また、デリケートゾーンは清潔のために「手前から後ろへ」洗うのが基本です。後ろから手前の順で洗ってしまうと、汚れや細菌が膣に入ってしまう可能性があるので注意しましょう。

【 用意するもの 】

  • 天然成分や低刺激の石鹸
  • (界面活性剤入りは避ける)

  • 柔らかいタオル
  • 保湿ケア商品
デリケートゾーンの洗い方、手順
  1. ぬるま湯でデリケートを満遍なく濡らす
  2. 石鹸を手で泡立て、Vラインを優しく洗う
    陰毛がある場合は、根元を重点的に洗う
  3. Iラインを2~3本の指で優しくなぞるように洗う
  4. Oラインも同じように優しいタッチで洗う
  5. ぬるま湯で手前から後ろへ流し、しっかりと泡を流しきる
  6. タオルでデリケートゾーンをちょんちょんを触るように、優しく拭く
    (ゴシゴシこすって拭くのはNG)
  7. 保湿クリームなどでデリケートゾーンをしっかり保湿する

熱湯をかけてしまうと皮膚の潤いに必要な皮脂までも洗い流してしまいます。
デリケートゾーンを洗い流すときは、人肌程度のぬるま湯が基本です!
35度~37度が理想です。ぬるま湯だけでも、ある程度の汚れや雑菌を洗い流すことは十分可能です。

デリケートゾーン、泡パックの方法と手順

泡パック
私が週に2回行っているのが、デリケートゾーンの泡石鹸です。泡石鹸に用いているのは通販で購入したデリケートゾーン専用石鹸。これを良く泡立てパックしています。
デリケートゾーンに限らず、皮膚の汚れ、例えば皮脂や古い角質、ほこりなど落とすときには、こすって落とすのではなく、泡で包み込んで落とすというのが基本です。特に顔などは摩擦が刺激になるので、泡で落とすとよいと言われますね。

洗いすぎによる乾燥もありませんし、摩擦による皮膚への刺激もありません。そのためデリケートゾーンを清潔にするには泡パックもおすすめです。

デリケートゾーン泡パック、手順
  1. 石鹸を泡立てネットでしっかり泡立てる
  2. デリケートゾーンにつけた泡はすぐに洗い流さず、3分程度待つ(泡パック)
  3. 優しく洗い流す(ぬるま湯を使う)

このような点を守り、デリケートゾーンの肌に負担をかけないよう気をつけてください。

デリケートゾーン専用石鹸を選ぶときのポイント

デリケートゾーン専用石鹸を選ぶ

デリケートゾーンはとても肌が敏感な場所なので、石鹸にも気を遣う必要があります。
ここでは、デリケートゾーン専用石鹸を選ぶときのコツについてお話してきますので、ご参考にしてくださいね。

肌へ負担をかけない低刺激の石鹸

デリケートゾーンは体の中でも皮膚が薄く、文字通り繊細に扱わなくてはいけない箇所です。
原料に天然の成分が使用されていて弱酸性のものが好ましく、逆に安定剤や保存料などが使用されているものや、アルカリ性の種類は避けた方がいいです。

体全体を洗うのと同じボディソープでは刺激が強いので、低刺激でもしっかり汚れの落ちる種類を選ぶ必要があります。
汚れやすい箇所なのでつい強い力でゴシゴシと洗ってしまいがちですが、皮膚を傷つけてしまうとかゆみや黒ずみの原因になる事もあるため気を付けましょう。

「好きな香り」だけで石鹸を決めない

専用石鹸の種類によっては香りが付いているものもありますが、香料が天然由来でない事もあるため、好きな香りだからとそれだけで決めてしまうのはNGです。

「臭い解消」ではなく「黒ずみケア」になるものを選ぶ

デリケートゾーンに関する代表的な悩みと言えば、臭いと黒ずみがあげられます。
臭いは普段から清潔に保つことである程度緩和されますが、黒ずみは原因が一つに絞れないケースが多いため、専用石鹸の使用が有効です。
黒ずみは皮膚に古い角質が残る事によりくすんで見えるので、黒ずみケアとしては角質をしっかり落としてくれる種類を選ぶ必要があります。

デリケートゾーン専用石鹸のおすすめランキング

1位 Pubicare フェミニンシフォンソープ

フェミニンシフォンソープ

刺激が肌へ与える負担を限界まで軽減する事に挑戦した、弱酸性のデリケートゾーン専用石鹸です。
日本初のアンダーヘア専門脱毛サロン「ピュビケア白金台」とのコラボで開発されていて、使用されている成分は天然成分100%になっています。
オーストラリアのオーガニック規格ACOのコスメ認証を取得しているので、肌の弱い女性でも安心して使用できます。

ポンプ式の本体なのでふわふわの泡を簡単に作れて、優しく洗うだけで汚れを落としさっぱりとした仕上がりを感じられます。

香りは

  • ビターオレンジ×レモン
  • ローズ×イランイラン
  • ジャスミン×ネロリ

の3種があり、シーンや好みに合わせて選ぶ楽しさがあります。

1本220ml入りで2,100円(税別)と料金が手頃で、amazonや楽天などの有名ネット通販で購入できるのが便利です。
ケア用品で肌荒れを起こした事がある女性には特にオススメの、オーガニックなデリケートゾーン専用石鹸です。

Pubicare フェミニンシフォンソープの口コミ
27歳/Tさん
オーガニックのケア用品を探していたので買ってみました。泡がふわふわで気持ちいいし黒ずみもだいぶ薄くなったので満足です。
22歳/Sさん
かぶれたみたいでかゆみが酷かったんですが、使い始めてからは凄くいい感じです。染みたりもしないしオレンジの香りも気に入りました。

2位 サマーズイブ フェミニンウォッシュ マルチベネフィットシンプリーセンシティブ

サマーズイブ

サマーズイブはデリケートゾーンケア専用ブランドで、フェミニンウォッシュセンシティブは本国アメリカでシェアNo1を誇ります。
弱酸性で肌に優しい事はもちろん、汚れだけを落としつつ潤いをキープ、洗浄後はフレッシュな感覚が長時間続きます。
香りは抑えめになっていて、アレルギーテストも実施済み、乳酸とプレバイオティクス配合で敏感肌でも安心の優しい仕上がりです。

入浴時は手の平に適量を取ってマッサージするように塗り込み、後はしっかり洗い流すだけで十分なデリケートゾーンのケアになります。
脱毛サロンなどでも使用される事がある高性能なデリケートゾーン専用石鹸で、1ステップで4つのベネフィットを実現しています。

内容量は1本237ml入りで1度購入すれば約80回使用できるのに、料金が800円(税別)というリーズナブルな価格設定も嬉しいです。
ケア用品は毎日継続して使用する事が前提なので、臭いや黒ずみ対策として力強い味方となってくれます。

サマーズイブ フェミニンウォッシュ マルチベネフィットシンプリーセンシティブの口コミ
31歳/Nさん
お風呂のときにマッサージする感覚で毎日使ってます。使い始めてからはナプキンをしていても蒸れる感じがなくて毎日快適です。
24歳/Sさん
最初は生理のとき用に買ったんですが、気付けばこれなしでは生きられない体になりました。透明タイプなのに泡立ちが良くてちゃんと洗えてる感じがいいですね。

3位 ANOCOI(アノコイ)

アノコイ

デリケートゾーンの臭いや黒ずみ以外にも、かゆみ・ムダ毛・引き締め対策になり、保湿に美容液として役割まで果たす欲張りな専用石鹸です。
黒ずみケアに有効なヨクイニンエキスとアルブチン、そして黒ずみを消す効果がると言われるビタミンC誘導体もしっかり配合されています。
臭い対策には昔から消臭効果があるとして伝わってきた柿タンニン、さらにユズとローズマリーで肌を保湿と美容効果もバッチリです。

泡立ちがよく力を入れて洗わなくてもしっかり汚れを落としてくれるので、肌を傷つける可能性が少ない点でも優秀です。
香りは強すぎず弱すぎもしないバニラですが、特有の甘ったるい感じはしないので、臭いが気になる女性でも安心して使用できます。

料金が30日分で6,980円と高額な点は気になりますが、専用の定期購入コースを選ぶ事で初回980円の送料無料で購入可能になっています。
ANOCOIだけでデリケートゾーンに発生する多くの悩み対策になるので、コスパと相談して購入を決めるのがいいでしょう。

ANOCOI(アノコイ)の口コミ
36歳/Yさん
黒ずみに効く石鹸が欲しかったんですけど、アノコイはバッチリでした。2ヶ月間毎日使うようにしたら肌がすごく明るくなったんです。
20歳/Eさん
8つの効果が1つで感じられるなら楽でいいなと思って使ってます。確かに痒みとか臭いが全く気にならなくなったし値段が高いだけの効果は実感できています。