乳首の黒ずみにバイオイルが効く?バイオイルの有効的な使い方と注意点について

バイオイルが、乳首の黒ずみを解消するのに良いらしいという話があるのはご存知でしょうか?
購入もそんなに難しいことはないですし、お値段的にも手頃なので、黒ずみが解消できるなら、これほどいいことはありませんが……。実際のところはどうなのか気になります。
ここでは、バイオイルがどこまで黒ずみへの効果が期待できるのか、また使う場合の注意点などを取り上げていきます。

なぜ、乳首の黒ずみにバイオイルが効くといわれているのか?

バイオイルは、肌にやさしい成分を中心に配合されており、敏感肌の人でも使えるようにつくられた美容オイルです。
そして、黒ずみに対しての効果の程ですが、これについてはNOと言わざるを得ません。
バイオイルの本来の用途は、キズあと(※)、ニキビあと(※)、妊娠線(※)の保湿や、乾燥した肌の保湿といったものです。
(※)「キズあと、ニキビあと、妊娠線」は、色素沈着してしまった肌のことを言うわけではない、健常な肌に戻った状態のことを指す旨が公式サイトに記されています。

バイオイルの本来の役割は、保湿対策です。
つまり、黒ずみの原因になる乾燥と摩擦から守るための肌ケアとしては有効ですが、美白成分は入っていませんし、すでに黒ずんでしまった肌に対しては、効果は期待できないということになります。
用途通りの使用方法以外の効き目は、あまり期待しないほうがよさそうです。

もし今の時点で、乳首などの肌に気になる黒ずみがあるのでしたら、ひとまず黒ずみ専用クリームなどで綺麗に直してからが、バイオイルの出番となります。
どんな商品でもそうですが、噂に惑わされることのないよう正しい用途で使うことが、その効果を正しく実感できるかどうかの分かれ目になります。
この辺を理解していないと、「いくら使っても私のちくびの色は濃いままだ。よってバイオイルは効果がない!」と誤解してしまうことになります。

バイオイルの入手方法、乳首への使用方法について

【バイオイルはどこで手に入るの?】
バイオイルは、全国各地のドラッグストアやバラエティショップなどで取り扱われており、比較的入手しやすい商品です。
バイオイルの公式サイトに取扱店一覧がありますので、最寄りの店舗があるかどうかを確認してみてください。
通販でも、Amazonや楽天市場などよく知られる通販サイトでの取り扱いがありますので、万が一、買いに行けそうな店舗が近くになかったり、ご近所のお店で品切れだったりした場合にでも簡単に入手可能です。

【乳首への使い方は?】
バイオイルを乳首に適量を塗り、力が入りすぎないよう、やさしくマッサージをするような感覚で塗布します。乳首だけなら左右あわせて1滴程度で間に合います。
使用頻度としては、1日2回、朝と晩に使うことを目安にするとよいですが、これより多くてはいけないということはないので、必要に応じて使ってください。

例えば、冬場に起こりやすい肌の乾燥は、乳首も例外なく起こります。こういった時期は、使用頻度を増やして肌を保湿することも大切です。
また、夏場は紫外線を大量に浴びる季節です。乳首は紫外線を浴びる機会がそうそうなさそうに見えますが、薄着になる季節ですから、服を通り越して多少なりとも影響を受けている可能性があります。
紫外線を浴びたあとはメラニン色素を多く生成しますから、ここでバイオイルを塗っておくことで黒ずみへの予防策となります。

バイオイルの使用上の注意点

【念のためパッチテストしておこう】
バイオイルに使われている成分は、安全性について配慮されたものが配合されていて低刺激なので、敏感肌の人にも使えます。
とはいえ、体質によっては自分の体に合わない成分が配合されている場合もあります。成分は必ず確認し、念のためパッチテストも行っておけば安心です。

【あくまでも「予防策」であること】
先述していますが、バイオイルはキズあと等の保湿や、乾燥肌の保湿を目的にした成分が配合されている商品です。
保湿は黒ずみを起こさないために必要ですから、肌ケアとして使うのには十分ですが、バイオイルには美白成分が入っていないので、すでに黒ずんでいる乳首を何とかしようとする目的で使うのは、あまり意味がありません。
ひとまず黒ずみ専用クリームなどできれいに治した後、また黒ずみが起きないように予防する段階になったところで、バイオイルを使いましょう。

【授乳中の赤ちゃんへの配慮も】
赤ちゃんにお乳をあげる際、バイオイルが乳首についたままになっていないか確認してください。
低刺激とはいえ、赤ちゃんの口に入るものです。慎重になっておくに越したことはありません。

結論:バイオイルは「黒ずみ予防策」である

何度も言いますが、バイオイルそのものに美白成分はありません。
ですが、これから黒ずみにならないための予防策として、日々の保湿ケアには効果を発揮してくれます。
この辺りをしっかり理解した上で、ぜひバイオイルの本当の効果を実感してください。