デリケートゾーン黒ずみはセルフケアで解決!黒ずみ解消法・美白クリームの解説

デリケートゾーン黒ずみはセルフケアで解決

デリケートゾーンの黒ずみケアを実践的に取り入れていきたい。
そのような方もいらっしゃることでしょう。とはいえ、どのようにケアをしていけば良いのかという点について分からない方もまたおいでのことでしょう。
そこで、ここではデリケートゾーン黒ずみケア方法という点に注目をしていきたいと思います。

周りと差をつけるデリケートゾーンの黒ずみセルフケア方法をご紹介

まずは「クリームや美容液」の使用です。
黒ずみそのものにアプローチを行うものと、乾燥から黒ずみが発生してしまうという原因を考えると、美白並びに保湿効果に優れたものをチョイスしていただくのがおすすめとなっています。
今では、デリケートゾーン専用の製品も数多くリリースされていますので、そのようなものを選んでいただくと敏感な部位であっても、比較的に安心して実践していただけるかとも思います。

次に「ヨーグルト」を使った黒ずみケアです。
無糖のヨーグルトをコットンなどに塗布し、黒ずみが気になる部分をパックするというものになります。
その時間は5分程度で良いので比較的に手軽でしょう。
パックの後は水かぬるま湯で必ず洗い流していただきたいと思います。

パックといえばヨーグルトばかりではなく、黒ずみに効果がある成分ビタミンCが豊富に含まれている「樹四世ハチミツ」を使ったパックもおすすめです。
使用方法はヨーグルト同様となっております。

摩擦を避けて黒ずみ改善にという場合には「オイル効果」が期待できるものを日々の肌保護のために使用をしていただくのも良いかと思います。
多くの方に安心して使用をしていただけるのがヴァセリンやベビーオイルかと思います。
基本的な肌質を選ばない製品となっておりますので、デリケートゾーンにも安心して取り入れていただけるかと思います。
また、人の皮膚の成分と近いものとされている「ホホバオイル」もおすすめです。

また、下着を見直すというのも良いかと思います。
シルクやコットン・シームレスタイプのものなどで肌の摩擦や負担を避けるのもまた効果的な黒ずみケアといえるでしょう。
さらには、月経時に使用をするナプキンも摩擦やかぶれに繋がり黒ずみを生んでしまう事もあるのです。
おすすめなのが肌当たりの良い「布ナプキン」です。

黒ずみ専用クリームでケアするならどのような製品が良いのか

黒ずみケアを本格的に行いたい。
そのような方のセルフケアの強い味方が「専用クリーム」かと思います。
この専用クリームをいくつかご紹介していきたいと思います。

まずは「ピュレパール」です。
こちらは医薬部外品のジェルクリームとなっております。
水溶性プラセンタ・グリチルリチン酸・ビタミンC誘導体・米ぬかエキス・トリプルヒアルロン酸・ビタミンE・コラーゲンなどが配合されています。
ナノ化されているために、しっかりと肌の奥まで浸透をしてくれますので、保湿はもちろんのこと、ターンオーバーもサポートしてくれるでしょう。
無添加の製品ともなっておりますので、デリケートゾーンにも安心してケアをしていただけることでしょう。

「アットベリー」
5種類の美白成分と6種類の保湿・5種類の植物成分が配合されているジェルクリームです。
水溶性プラセンタ・グリチルリチン酸・甘草フラボノイドが配合されており、保湿や美白といった一般的な黒ずみケアのアプローチから、デリケートゾーンの気になる「臭い」についても効果を期待することが出来るでしょう。
肌に対する安全性ですが、着色料や石油系界面活性剤なども使用をされておりませんので、肌が敏感だという方においても安心した利用をしていただけることでしょう。

「クレアフォート」
天然由来の美白成分が19種類含まれているというゲルクリームです。
毛穴に対するアプローチも期待できて、肌が持つ本来の力を引き出してくれるというものになります。
水溶性プラセンタ・グリチルリチン酸・プルーン酵素分解エキス・米ぬかエキス・ビタミンC誘導体などが配合されていて、加齢に伴う黒ずみケアにも効果を期待することが出来るでしょう。

セルフケアじゃなくて、医療機関でデリケートゾーン黒ずみ治療を受けたいなら

セルフケアの方法や具体的な製品について見ていきましたが、確実にそして即効性をという方の中には「医療機関で治療を」と考えている方もおいでのことでしょう。
美容皮膚科などにおきましては、黒ずみ解消改善の治療を導入しているところも少なくありません。

施術方法ですが、メラニンそのものを破壊するレーザーや医療用の塗り薬での改善そして小陰唇を切除する手術などと言った方法があります。

レーザーの場合には「トーニング」「ホワイトレーザー」というものがあり、高い効果が期待できるかと思います。
トーニングは皮膚炎症のリスクも少ないことから多くの医療機関で導入されている方法ともいえるでしょう。

薬につきましては「ハイドロキノン」という成分を含むものの処方が多いかと思いますが、肌負担・刺激がある程度考えられることから、敏感肌の方は十分に指導と相談をしたうえで行っていただきたいと思います。

手術につきましては黒ずみそのものを切除するという形になります。
もっとも即効性が高く期待値も高いということができますが、やはり手術ということになりますので、ダウンタイムが必要となりますし、手術における同意なども必要となります。

なお、それぞれの効果ですが高いものとはいえますがその持続期間というものは個々によってことなってきます。
レーザーを例にとって考えると、一般的には2から3年程度の効果があるとされていますがその限りではありません。
こうした点とくわえて、保険診療外の治療となることから自己負担金というものも多くなりやすいので経済的要素におきましてもしっかりと考えたうえで実践していただきたいと思います。

黒ずみケアのセルフと医療機関の受診について

今回は、デリケートゾーンの気になる黒ずみのセルフケアの方法さらには医療機関を利用した改善方法にも触れていきました。
まずはセルフケアを実践してみて、一定期間が過ぎても一向に改善が見られない。
そのような際に医療機関にて相談をするというのも良いかもしれません。