デスクワークの方必読!お尻の座りダコや黒ずみの解消方法

おしりに謎のしこりがあるけれど何かわからないという人はいますでしょうか。しこりが病気の前兆かと思うこともありますが、多くの場合、お尻にできるしこりは座りダコと呼ばれるものです。座りダコとはお尻に負担がかかる座り方をしていることで、お尻にタコができてしまう状態を指します。

座りダコは特に痛みを伴わない場合も多いので、気づくことが往々にして遅れがちです。しかし、座りダコ放っておくと、お尻の形は歪みます。美しいお尻を手に入れるためには、座りダコへの対策が欠かせません。

今回は、お尻に出来る座りダコの対策についてご紹介したいと思います。

お尻の黒ずみ・座りダコができやすい人の特徴

はじめに、どのような人がお尻に座りダコができやすいのでしょうか。 お尻に座りダコができやすい人は、生活の中に改善すべき点があるということです。お尻の黒ずみや座りだこは、長時間のデスクワークをしている人によくできます。

しかしながら、長時間のデスクワークをしているからといって、一律にお尻に黒ずみや座りダコができるわけではなく、以下のような特徴持ってる人が特にお尻に座りだこや黒ずみができやすいと言われています。

  • 痩せている人
  • 運動不足の人
  • 猫背の人

痩せている人は、お尻の肉付きが悪く、座ってるときにクッションとなるものは少ない状態です。そのため、痩せている人は座ってるだけで尾てい骨等の骨に負担をかけてしまいます。そこから、お尻の黒ずみや座りダコが発生します。

また、運動不足の人もお尻に黒ずみや座りダコができやすいと言われています。これは、お尻の筋肉が退化していることで、長時間のデスクワークでお尻や骨にかかる負担が大きくなってしまっていることが原因です。普段から適度な運動を心がけ、お尻の筋肉を保っておくことで、骨やお尻そのものにかける負担を大きく減らすことができます。

また、運動により新陳代謝を高めることは、お尻の黒ずみの解消にも役立ちます。さらに猫背の人も要注意です。 背筋を伸ばしてまっすぐ座る姿勢は自身の体重をお尻と太ももに均等にかけることができます。

それに対して、姿勢が悪かったり猫背の人は、お尻だけに体重をかけて座っていることが多いです。そうすると、お尻や骨に負担がかかり、座りだこや黒ずみが発生します。

座りダコはお尻のどの部分にできやすいのか?

お尻にできる座りダコは、具体的にどのような部分に多くできるのでしょうか。座りダコができる部分から、どのように姿勢を改善すべきかということがわかります。お尻の座りダコは、主に、お尻と太ももの境目、お尻の割れ目付近、尾てい骨がある部位、左右のお尻の中心あたりにできることが多いです。

お尻の座りダコは、体重の負担がかかってるとこにできやすいです。そのため、自分自身のお尻の座りダコがどこにあるかを知り、そこにかかっている体重を全体に分散する形で姿勢を正していく必要があります。正しい姿勢により行われる長時間のデスクワークは、必ずしもお知りに座りダコを作ることにはつながりません。

お尻を座りダコから守る方法

お尻を座りダコから守るためには、正しい姿勢をとることが一番です。そうすることで、長時間のデスクワークを行なっても、お尻に偏る形で負担がかかることを防ぐことができます。太りにくく痩せていてお尻の肉が付いていない人は、クッション性の高い座布団利用するとしてお尻や骨を守ってください。

また、お尻の黒ずみを解消には、新陳代謝を高める必要があります。新陳代謝を高める効果を持つ保湿剤を塗ったり、適度な運動続けることでお尻の黒ずみも解消していくことができます。

お尻の座りダコの原因は複合的なものです

昨今は長時間のデスクワークをする人が非常に増えてきています。それに伴って、お尻の座りダコの問題も認知されるようになってきました。お尻の座りダコを治すためには正しい姿勢で座り、適度な運動を続ける必要があります。

そうすることで、お尻の座りダコは確かに防ぐことができます。美しいお尻を手に入れるためにも、お尻の座りダコはなるべく早く解消していきたいものです。