お尻のザラザラ黒ずみはなぜ起こる?自宅でできる簡単ケア方法ってあるの?

体の前面に対しては普段から意識が行っておりますが、体の背面はついついケアを疎かにしがちです。ふと気がつくと、おしりに黒ずみやざらざらが発生していることは決して少なくありません。お尻は見えない部分だからこそ、普段からケアをして美しく保っておきたいものです。

温泉に行ったり、海にいったり、お尻が人目に触れる状況は日常的に発生します。ツルツルしており、形も美しい自慢のお尻を目指しましょう。

今回は、おしりの黒ずみとざらざらが発生する原因とその解消法をお伝えしたいと思います。

お尻の黒ずみやザラザラはなぜできるの?

はじめに、お尻に黒ずみやザラザラが発生する原因を知りましょう。原因を知ることで、正しい対処法が見えてきます。間違った対処法していても、お尻の黒ずみとザラザラは解消することができません。

お尻の黒ずみは、メラニン色素の沈着によって起こります。メラニン色素がお尻に沈着する原因としては、お尻に外部から刺激があることなどが挙げられます。例えば、肌に合わない肌着を装着していたり、長時間椅子に座ることによりお尻に圧力がかかったりしているとメラニン色素が沈着してしまいます。

メラニンはそもそも肌を外部の刺激から守るために生成されるものです。外部からお尻に刺激がある状況が続いていると、どんどんメラニン色素が生成されます。そして、新陳代謝が弱まっている場合はメラニン色素を代謝により解消することができなくなり、色素が沈着するというわけです。

お尻のザラザラは、主にお尻の皮膚が乾燥することによって発生します。皮膚が潤いを失うことで、ひび割れたり、表面がざらついたりします。これがお尻のザラザラの正体です。

また、体内で生成されるメラニンもざらつきに関係しています。洗浄力が強いシャンプーで肌をゴシゴシ洗うと、肌の表面の油分な全て飛ばされてしまい、肌が乾燥しやすくなります。

お尻の黒ずみ・ざらつきの解消法!自宅でできる簡単ケア方法で美尻になろう

  • 肌に優しいスクラブを紹介

では、お尻の黒ずみザラザラは解消することができるのでしょうか。結果から申し上げますと、お尻の黒ずみやざらざらはしっかりと解消していくことが可能です。しかし、早い段階から解消に着手することが必要となってきます。

以下では、代表的なお尻の黒ずみやざらざらの解消法をご紹介したいと思います。

まずはレモン汁を使った黒ずみの解消法をご紹介いたします。 レモンには強い漂白作用があります。これが、お尻の黒ずみ解消に役立つのです。

具体的な方法としてはコットンなどにレモン汁を浸して、お尻の表面を円を描くように優しく撫でていきます。そして、15分ほどそのまま放置します。レモン汁が乾燥しましたら、それを洗い流しきれいにしてください。そうすることでお尻の黒ずみは徐々に解消していくことが可能です。

また、お尻の黒ずみやざらざらを解消するためには、スクラブも効果的です。しかしながら、ものによってはスクラブはお尻に刺激が強すぎる場合があります。スクラブを使用することでお尻に赤みや炎症が起きてしまった場合は、すぐにスクラブの使用を中止してください。

お尻に使えるおすすめのスクラブは、シアクル・スべリージュです。こちらは医薬部外品なので非常に刺激が弱く、お尻にもしっかりと使うことができます。スクラブお尻になるより優しくマッサージするように表面を撫でます。

そうすると古い角質などが取れて、お尻が非常に美しい状態になります 。スクラブを使用した後は、しっかりと保湿も行なってください。

まとめ

昨今は長時間のデスクワークに携わる人も増えてきています。そのため、お尻の黒ずみやざらざらは昔に比べて発生しやすくなってるということができます。お尻の黒ずみとざらざらはなるべく早い段階からそれを解消していくことが求められます。

そして、解消ができたら、次は予防です。お尻をしっかりと保湿し、座る場合は正しい座り姿勢を保つことで、お尻の黒ずみとざらつきは予防していくことができます。