お尻のくぼみ(凹み)に黒ずみができてしまうのはなぜ?自宅でできるケア方法はあるの?

おしりの黒ずみとくぼみはワンセットで起こることが多いです。それは、お尻の黒ずみとくぼみの原因が共通するものであることが多いためです。お尻に黒ずみができてしまうとお尻の見た目が悪くなってしまいます。

また、お尻にくぼみができてしまうと、お尻の形が美しい丸ではなくなることから、やはり見た目が悪くなってしまいます。お尻の黒ずみとくぼみは生活習慣に密着した原因があることがほとんどです。今回は、生活習慣を見直すことで、お尻の黒ずみやくぼみを防ぎ美しいお尻を手に入れる方法をご紹介したいと思います。

お尻の黒ずみくぼみはどうして起こるの?

お尻の黒ずみとくぼみはなぜ起こるのでしょうか?まず、黒ずみはメラニン色素が沈着することにより起こります。そして、くぼみはお尻に偏った負荷を受け続けることで起こります。

そのため、お尻の黒ずみとくぼみはワンセットで起こることが多いのです。現代ではデスクワークに従事する人が増えてきています。長時間同じ姿勢で椅子に座っていると、それだけお尻に対して大きな負荷がかかります。

また、その他は、お尻に対する刺激として認識されることにより、それから皮膚を守ろうと体内でメラニン色素が生成されてしまいます。特に、姿勢が悪い人や、痩せている人は、お尻にくぼみや凹みが発生しやすくなっています。 なぜかと申しますと、座る姿勢が悪いということは、お尻と太ももに均等に体重がかかっているのではなく、お尻の一部に体重のすべてがかかっている状態になります。

そうなると、骨や皮膚に対して大きな負荷がかかります。また、痩せている人は体重を支えるクッションとなる肉が少ないので、それだけ骨に対する負荷が大きくなります。姿勢が悪い人と痩せている人は、日頃から座り方に気を使う必要があります。

お尻のくぼみを治す方法

では、おしりの黒ずみ、くぼみ、凹みはどのようにして治すとよいのでしょうか?おしりの黒ずみ、くぼみ、凹みを治すためには、下記の方法が用いられます。

  • 生活習慣を改める
  • 矯正下着を使う

まず、 そもそもの原因となっている座り姿勢等を改善していくことで、お尻の黒ずみ、くぼみ、凹みをなおしていくことが可能です。背筋を伸ばしお尻と太ももの裏全体に体重がかかるように座ることを心がけましょう。また、デスクワークの間でも定期的に椅子から立ち上がり、歩いたりストレッチをすることで、お尻や太ももの筋肉をほぐしてあげることも大切です。

痩せている人は椅子の上にクッションを置くことで、骨を守りましょう。クッションは柔らかすぎても逆に負担になるので、適度な硬さのものを選ぶのがお勧めです。

矯正下着を使う方法では、くぼみや凹みが発生している部位の周辺を圧迫し、くぼみや凹みの部分を盛り上げて治していきます。ただし、これらの方法は、即日で効果があるものではありません。根気強く続け、生活習慣を改めていくことで、おしりの黒ずみ、くぼみ、凹みを治しましょう。

また、姿勢を正すことと矯正下着を使うこと以外にも、日々栄養バランスのとれた食事を心がけ、適度な運動をしていくことも、お尻を美しくするためには欠かせません。特にビタミンやコラーゲンは肌を美しく保つ栄養素です。日々の食事からそれらの栄養素を適切に摂取していきましょう。

また、適度な運動を持続させることで、代謝が良くなり、老廃物を排出しやすい体を作ることができます。

美しいお尻を手に入れるために、ケアを怠ってはいけません!

お尻の黒ずみ、くぼみ、凹みはおしりの形や見た目を悪くします。美しいお尻は女性の憧れです。お尻に黒ずみ、くぼみ、凹みがある人は、なるべく早くそれらを解消していきましょう。