黒ずみが引き起こす「お尻のかゆみ・かぶれ」に悩まされていませんか?

おしりの黒ずみは見た目が悪くなってしまうので、早く治したいものです。しかし、お尻の黒ずみには、見た目が悪くなること以外にも問題があります。それは、お尻の黒ずみをにしてかゆみを併発するということです。

お尻に黒ずみが発生し、かゆみを伴うことにより、無意識にお尻を掻きむしってしまったり、触ってしまいます。そうすると、さらにお尻の黒ずみが強くなります。 今回はお尻の黒ずみとかゆみについて、ご紹介いたします。

お尻の黒ずみ部分が痒い・・。これってどうして?

お尻の黒ずみはなぜかゆみを伴うのでしょうか。そもそもお尻の黒ずみは、肌を刺激から守るために体内で生成されたメラニン色素が、代謝により体外に排出されず、沈着してしまうことにより発生します。メラニン色素は肌の乾燥を誘発します。

肌が乾燥すると、かゆみが発生しやすくなります。また、お尻の黒ずみは、お尻の肌が角質化することによっても起こります。角質化した肌は柔軟性が失われます。

そのため、外部からの刺激を和らげる機能が低下します。肌の角質化もお尻のかゆみを誘発します。お尻の乾燥は最終的には、雑菌の繁殖に繋がる場合もあります。

皮膚の表面で雑菌が繁殖すると、それもかゆみに繋がります。このように、お尻の黒ずみは悪循環の根本的な原因となるものです。お尻の黒ずみを防ぐためには、普段からお尻を清潔に保ち、保湿を心がける、適度な運動を持続することで新陳代謝を高めておく必要があります。

お尻のかぶれ・痒みの対処法

お尻にヒリヒリするような痒みが発生している場合は、皮膚がかぶれている場合があります。皮膚のかぶれば、汗による刺激や、肌着との摩擦による刺激によって起こることが多いです。 お尻にかぶれかゆみが発生してしまった場合は、何よりも、お尻を手で触れることを避けることが大切です。

かゆみは非常に耐え難いものなので、楽になりたくて、ついつい掻いてしまいます。しかし、それは、お尻のかゆみやかぶれをひどくするだけです。痒みに耐えられない場合は、皮膚科に相談し、内服薬や塗り薬でかゆみを沈める必要があります。

また、お尻にかゆみやかぶれが発生している場合は、皮膚が非常にデリケートな状態になっています。その状態で、強く皮膚を洗ってしまうと、余計に皮膚を破壊してしまいます。 お尻にかゆみやかぶれが発生している場合は、強く洗いすぎないように注意してください。

そして、保湿を心がけましょう。かゆみは乾燥の根本的な原因は乾燥であることがほとんどです。お尻は蒸れやすい部位ではありますが、それゆえ肌の状態が悪化し、乾燥しやすい部位でもあります。

夏場も冬場もお尻の乾燥には常に注意していきましょう。また、お尻は皮膚が分厚いため、浸透力の高い美容製品を使用して保湿していくことが求められます。

お尻のかぶれは悪化する前に早期改善を

お尻のかぶれは悪化すると、大きな傷になります。傷になってしまうと出血する場合もあります。そのため、お尻のかぶれは初期の段階で治していく必要があります。

お尻のかぶれは、肌着や生理用品が肌にあっていないことが原因となって起こることが多いです。そのため、お尻がかぶれやすい人は、肌着や生理用品の種類を変えることを検討してみてください。化学繊維よりは、コットンやシルクが肌に優しい場合が多いです。

乾燥を防ぐためには、毎日しっかりと水分を摂取することも大切です。体内から潤いを保つことで、皮膚も潤いもキープすることができるのです。日常的な習慣を少し変えるだけで、お尻の皮膚を守ることができます。

バランスのとれた食事、適度な運動、こまめな保湿、これらを心がけることで、お尻の黒ずみとかゆみを防ぐことができるのです。皆さんも是非とも美しいお尻を手に入れてください!