美容クリニックで股の黒ずみ治療を受けるメリットは?どんな治療法があるの?

股の黒ずみを治療してくれるクリニックもあります。専門家の意見を聞くことで、短期間で確実に効果を実感できます。日々のセルフケアでは限界を感じている人は、一度クリニックに相談しに行ってみるのもいいかもしれません。

美容クリニックでも股の黒ずみを治療してもらえる

美容を専門に取り扱っているクリニックの中には、股の黒ずみ除去のための治療を行ってくれる場所もあります。専門家に頼めば、セルフケアよりもより確実に短期間で黒ずみを解消できます。

一般の皮膚科などでは受けられない治療方法が美容クリニックでは受けられます。美容に特化し、美容のことを考えて編み出された治療なので、効果は期待できます。

普段自分でやっているケアには限界を感じているという人は、クリニックを頼ってみてもいいかもしれません。

ただし、保険が適用されないため、治療費は全額自己負担になります。また、一回の通院では効果は出ないので何度も通う必要があります。金額的にも時間的にもコストがかかるのが難点です。

美容クリニック(美容整形外科)での主な治療方法

レーザー治療

色素沈着を起こしてしまった肌にレーザーを当てて治療していく方法です。肌の中のメラニンを破壊し、剥がれ落ちていくのを促します。「レーザートーニング」と呼ばれるやり方と、「Vホワイトニングインティマレーザー」と呼ばれるやり方があります。

レーザートーニングは弱いレーザー光を照射します。Iラインの黒ずみにも使用できます。少しずつメラニンを消していきます。

「Vホワイトニングインティマレーザー」では厚くなった角質や、色素沈着を起こした肌を薄く削り取っていきます。一度の施術で効果を実感できるのがありがたいポイントです。

薬の処方

塗り薬や飲み薬を処方してくれる美容クリニックもあります。黒ずみ解消に効く成分がしっかりと入っています。ドラッグストアなどで販売されているものよりも効果があるでしょう。

塗り薬だと、ハイドロキノンという美白成分が含まれたものが処方されることがあります。メラニンの働きを抑え、黒ずみを解消していきます。

トレチノインが配合された塗り薬だと、肌のターンオーバーが正常に戻ります。ハイドロキノンと併用される場合が多く、二つの成分によって黒ずみを解消していきます。

飲み薬だと、メラニンの生成を抑えたり、肌の新陳代謝を高める働きをするトラネキサム酸・ビタミンC・ビタミンEが含まれたものが処方されます。

外科手術

黒ずんだ部分を切除する外科手術もあります。「小陰唇縮小手術」「大陰唇縮小手術」などと呼ばれています。

陰唇の形によって下着などが擦れやすく、黒ずみを起こしやすい場合があります。加齢とともに皮膚がたるんでくる場所でもあります。そのような場合、手術によって形を整えることも可能です。

この縮小手術によって黒ずんだ部分を除去できます。様々な糸を使ってきれいに縫い合わせるので傷も目立ちません。一回の手術は30?40万円ほどです。

股の黒ずみはセルフケアとクリニック、どっちがおすすめ?

股の黒ずみケアは、結局のところセルフケアとクリニックどちらがいいのでしょうか。

セルフケアはお金も時間もかからず、気軽に続けられます。一方で黒ずみ解消までに時間がかかるというデメリットがあります。

クリニックでは短期間で効果を実感できますが、お金がかかります。一度の通院で解決することはほとんどないので、何度も通わなければならない手間もかかります。

どちらの方法もメリット・デメリットあるので、自分に合った方法をとればいいかと思います。