産後の股の黒ずみ対策!しっかり対策して解消しよう

産後の股の黒ずみ対策

私も経験者ですが、妊娠期間中肌は黒ずみやすいです。
しかも産後なかなか黒ずみが消えず、悩んでいる方は多いと思います。
なぜ、黒ずみは発生しやすいのか、解説していきたいと思います。
妊娠期間中は妊娠していない人に比べて肌がとても敏感になっています。
また、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンが妊娠期には急激に増えます。
この2つのホルモンがメラニンの分泌を活発にし、黒ずみが起きやすい状態になってしまうのです。
最も黒ずみが起きやすい場所とは、乳頭・ワキ・外陰部です。
もともとメラニンが多い場所であるため、更に黒ずみが目立つ場所です。
その他は、急激な体重増加により股ずれを起こし、股ずれによる黒ずみが起きた人も少なくありません。
とにかく妊娠期はお肌がデリケートになっていますので肌を優しく扱い、なるべくムダ毛処理もカミソリや毛抜きなどで行わないようにしてください。
黒ずみが悪化するので、注意しましょう!

産後の黒ずみ解消方法

産後、子育てに毎日奮闘していて、自分にかける時間がない…。
ですが産後に黒ずみケアをしていると、していない人ではかなりの差がでてしまいますので、子育ての合間を見てケアをしましょう。
乳頭や外陰部などは時間はかかりますが、時間が経つにつれてだんだんと薄くなっていきますが、かなり時間がかかると思います。
また乳頭に関して、授乳時期には乳首への刺激・乾燥などで黒ずみは更に悪化してしまう可能性もあります。
ケアをするなら授乳が終わってから行うのがベストだと思います。
股ずれによる黒ずみはワキの黒ずみは時間が経ってもなかなか消えません。
なので、黒ずみ対策専用のクリームなどでケアすると、キレイに元の肌の色に戻ります。
その他の解消方法としては、保湿ケアを欠かさない事と、お肌に良い食事を積極的に摂ることをオススメします。
カボチャ・モロヘイヤ・アーモンドやゴマを含むビタミンEは血行を良くし、お肌のターンオーバーを促進させる力があります。
お肌のターンオーバーが正常化すると、古い角質もどんどん剥がれ落ち、新しい肌へと生まれ変わります。
食事に気をつけることは肌にとっても、体にとっても良いことなので積極的に摂取してみましょう。