股の黒ずみ解消方法のひとつ「ピーリング」って、どんなもの?効果や安全性は?

肌の黒ずみは、場所によっては目立つものですし、逆に普段見えない場所でも、いざというときに黒ずみがあると困る事態になることもあり、どっちにしても人の目が気になってしまう悩みであることに違いはありません。
そんな厄介な黒ずみ解消にはいろいろな方法がありますが、ここではその中の一つ「ピーリング」について取り上げてみましょう。

黒ずみ解消方法のひとつ「ピーリング」について

【ピーリングとは?】
簡潔に言うと、肌の表面に溜まっている古い角質をはがし、肌のターンオーバーを正常に戻すことです。
溜まった角質汚れにより肌のターンオーバー(新陳代謝)がうまく行えなくなるため、これを除去することで美肌を保つスキンケアの一種です。
黒ずみだけでなく、ニキビ肌やしわ・たるみなどの改善にも有効です。
ですので、肌の状態が正常に戻れば行わなくてもよくなる手段ともいえます。
このピーリングには2種類の方法があります。

【ケミカルピーリング】
皮膚科で行われるのは、このピーリングです。ドラッグストアなどで買える市販のピーリング剤もあります。
フルーツ酸やグリコール酸などの酸性の薬剤が配合されていて、これを肌に塗ることで毛穴に詰まっている汚れや古い角質などを酸で溶かし、除去します。

【スクラブ】
こちらのピーリングは、ポリマーなどの細かい粒子で肌の表面を擦り、汚れや古い角質を洗い落とす方法です。
これは“肌を擦る”という方法なので、肌に刺激を与えることになります。強く擦りすぎないようにする必要があります。

お股のピーリングはセルフと専門業者、どっちがいいの?

セルフで行うピーリングの場合は、市販のピーリング剤を使用することになります。
リンゴ酸などが入った、「溶かして除去する」ケミカルピーリングと、細かい粒子で「肌を擦って落とす」スクラブの2種類のどちらかで行うことになりますが、これについては、自分に合うと思った方法を選んでください。

どちらがいいのか、という点については、まずセルフの場合、皮膚科などで使用されているピーリング剤に比べて、市販ピーリング剤は安全性の考慮などから濃度が低いことが挙げられます。それで充分という人は、セルフでよいでしょう。
一方、皮膚科などで行うケミカルピーリングは、自分に合った濃度の薬剤(酸)を判断してもらうことができ、さらに肌の様子も確認してから行うなど、専門家の手を借りられるという利点があります。
肌が弱い、セルフのピーリングでトラブルに心配がある人は、皮膚科などでやってもらうほうがよいです。

ピーリングの副作用についても知っておこう

ピーリングの注意点としては、「やりすぎてはいけない」ということです。
ピーリングした直後の肌は、外部からの刺激に弱く、刺激を与えないように注意が必要な状態です。
特に股の肌はデリケートなので刺激に敏感ですから、ケアの方法が適切でないと、かえって股の黒ずみが悪化したなど、肌を痛める結果につながります。ピーリング直後の肌ケアはしっかり行ってください。

また、肌のターンオーバーが正常になったら「止めどころ」ですが、セルフで行うピーリングの怖いところは、「その止めどころがわかりにくい」という点かもしれません。
止めどころの見極めに自信がない人は、皮膚科へ行ったほうがいいでしょう。

「デリケートゾーン専用」を使おう

最後に、ピーリング剤にもいろいろありますが、市販のものを使うのであれば、股の肌がとてもデリケートであるという点を考慮してから商品を選びましょう。
股は、だだでさえ肌トラブルが起きやすい部位なのだということを念頭に置き、パッチテストを行うなど、肌ケアと同時進行で注意深く行うようにしてください。