股の黒ずみは病気ではないので、大袈裟に思い悩む必要はありません

肌が黒ずんでいるのを見て「病気かも。」と不安になっている人は、安心してください。肌の黒ずみは病気ではありません。人それぞれの体質にもよりますが、誰でも肌が黒ずむことはあります。

しっかりとケアをしていけば治るので、あまり悩まず改善する努力をしていきましょう。

黒ずみは病気ではないので安心して!

股が黒ずんでしまって悩んでいる女性は、実は少なくありません。股や脇などは体の中でも比較的黒ずみができやすく、だいたいの人は程度の差こそあれ黒ずんでいます。

「私は他の人よりも黒い気がする。」「いつまでたっても黒ずみが消えない。」そのような理由で皮膚の病気などを疑ってしまい、不安になるかもしれません。

けれども安心してください。黒ずみは病気ではありません。できてしまったからといって体に不調を来すものでもなければ、害になるものでもありません。

確かに肌の一部分が黒くなっているのは気になりますし、不安にもなります。しかし、しっかりとケアをしていけば元のきれいな状態に戻すことは可能です。

黒ずみのできやすさには個人差がある

同じ人間でも、股の黒ずみができやすい人とできにくい人がいます。黒ずみの原因は肌の中で作られたメラニン色素です。このメラニン色素がたくさん作られる体質の人は、黒ずみができやすくなります。

特に日本人などのアジア人はメラニン色素が白人の人よりも出やすくなっています。

体質によって黒ずみのできやすさは異なるため、人と比べて落ち込む必要はありません。人よりも黒いからといって病気を疑う必要もありません。

個々人に合わせたケアの仕方をしていけば、黒ずんだ肌もきれいにすることができます。

どうして黒ずみはできてしまうのか

メラニン色素は紫外線やムダ毛の自己処理などによる刺激から肌を守ろうとする際に生成されます。通常役目を終えたメラニン色素は自然に剥がれ落ちていきます。けれども肌の表面に余分な角質や汚れがたまっていると、剥がれ落ちるのが妨げられてしまいます。

きちんと剥がれ落ちないまま、たまったメラニン色素は色素沈着を起こします。これが黒ずみとなって目に見えるわけです。

黒ずみを予防するためには、

  • ムダ毛の自己処理の仕方を肌に優しいものにする
  • 締め付けの少ない、サイズの合った下着を身につける
  • しっかりと保湿する
  • 規則正しい生活をする

ことが重要になってきます。これらの点を抑えて意識していくことで、黒ずみを予防できます。

しっかりとケアをすれば黒ずみは消せる

できてしまった黒ずみも、きちんとケアをしていけばきれいに元どおりにすることができます。肌が黒ずんでしまったからといって悩んで落ち込まないでください。

まずは余分な角質を落としていきましょう。スクラブなどを使ってマッサージを行うのも効果的です。股を洗う際にはゴシゴシと強く擦るのではなく、優しく洗うようにしてください。

タオルで拭く際も、ゴシゴシと擦るのではなく、優しく当てて水滴をふき取るようにします。

お風呂の後にはしっかりと保湿ケアをしましょう。美白成分や肌のターンオーバーを促進してくれる成分が含まれたクリームを使うと効果的です。股の肌は体の他の部分とは異なる肌質なので、できれば専用のクリームを使いましょう。

日常の生活の中ではなるべく擦れないように注意しましょう。摩擦は黒ずみの原因です。下着選びにこだわるようにし、トイレの際は強い力でふかないようにします。