股の黒ずみは美白化粧水で改善できるの?化粧水と黒ずみの関係性

股の黒ずみケアに、顔に塗る美白化粧水を使用してもいいのでしょうか?

実は股のものも、顔や他の部分のものも、黒ずみの原因はみんな同じです。

けれども皮膚の性質は全く違います。股の皮膚は非常に薄く、敏感になっています。体の他の部分では問題なかった刺激も、股の肌には耐えられないということもあります。

できれば専用のクリームを使ってケアをしていきましょう。肌質に合ったものを使えば効果も実感しやすくなります。

股の黒ずみも、他の部分の黒ずみも原因は同じ

人間の肌にできる黒ずみは全て原因は同じものです。肌の中ある防御システム「メラニン」によって黒ずみは起きます。

肌が紫外線などで刺激を受けると、メラニンが多く生成されます。メラニンは肌を刺激から守ろうとしてくれます。そして通常役目を終えたメラニンは肌の代謝とともに剥がれ落ちていきます。

けれども刺激が強すぎたり、肌に余分な角質がたまったままになっているとメラニンが剥がれ落ちていきません。肌にたまったままになり「黒ずみ」として目立つようになります。

日焼けやにきび跡、虫刺されの跡などのも、原因はメラニンです。メラニンが生成されないようにするためにも、肌に刺激を与えないようにしなければなりません。

股であれば、下着や生理用品などで擦れるのもメラニンができる原因になります。サイズの合った、肌に優しい素材のものを選んで着用するようにしてください。

アンダーヘアの自己処理もメラニンを多く生成させる原因になります。カミソリなどを肌に当てると、肌の表面が細かく傷つけられます。これも刺激となって、メラニンを多く生成させてしまいます。

美白化粧水で股の黒ずみはきれいになるの?

結論から言うとあまりきれいにはなりません。

股は他の部位とは異なる肌質です。顔に塗るために作られた美白化粧水は肌質が合いません。

場合によっては股の黒ずみ改善のために塗った化粧水が刺激となってしまい、黒ずみを悪化させてしまうこともあります。顔の肌専用の美白化粧水は股のケアにはあまり向きません。

肌によって最適な美白成分の量も異なります。顔の肌には十分であっても、股には十分ではない、あるいは過剰であることもあります。顔に塗って美白効果のある化粧水であっても、股で効果を発揮するとは限りません。

そして化粧水のような液体物は、股に塗るのに向きません。サラサラと流れてしまい、下着などを汚してしまいます。性器の近くに塗ると膣の中に入ってしまう恐れもあります。

股の黒ずみも、他の部分の黒ずみも、原因は全く同じです。けれども皮膚の性質は全く異なるため、同じケアグッズを使ってケアするのは避けた方がいいでしょう。

専用のクリームを使った方が黒ずみ解消効果は出る

股の黒ずみをケアするのであれば、専用のクリームを使うことをおすすめします。敏感な肌質にも合うように作られているので安心して使用できます。

化粧水でなく、クリームなので塗りやすいのも特徴です。肌にしっかりと塗りこむことができ、効果を実感しやすくなります。

ドラッグストアやインターネットの通販などでも様々な種類の専用クリームが販売されています。中には返金制度が整っているものもあるので、そういうものであれば気軽に試すことができます。