美白成分ハイドロキノンは股の黒ずみ解消に良い?その効果や副作用とは?

股の黒ずみ、イヤですよね。
自分でも気になるのはもちろんですし、特に夏場などは他人の目にも触れやすくなり、海水浴やプールを存分に楽しめなかった経験がある人もいるのではないでしょうか。
何とかしたい一心で美白成分の高いハイドロキノン入りクリームに行き着く人もいるかもしれませんが、ここでひとまず、冷静になりましょう。

「美白成分ハイドロキノン」は股の黒ずみ改善に効果あり?

まず、股黒ずみの原因にはいくつかありますが、股の黒ずみに関する原因は、メラニン色素の沈着が起きたことによる確率が高いです。
そんなときには美白成分入りの化粧品類が大活躍となるわけですが、その効果がよく知られている中でも特に強力だとして知られているのが、ハイドロキノンです。

【ハイドロキノンの具体的な効果は?】
この美白成分ハイドロキノンは、「肌の漂白剤」との異名を持つほどの美白効果を発揮することから、黒ずみ解消用の薬として皮膚科でも処方されるものです。
ビタミンC誘導体やプラセンタといった美白成分の名前も美白化粧品のCMなどで耳にしたことがあるかもしれませんが、ハイドロキノンは、その10~100倍の威力を発揮するという強力な美白効果です。

具体的な効果としては、「メラニン生成の抑制」「メラニンを減少させる働き」が挙げられます。
この2つの効果が相互作用し、強力な効果で黒ずみを解消します。
ただ、強力過ぎる点から、使用時に注意しなければ、かえって悪化を招いたような事例もあり、デリケートな股の肌には危険もあるということも忘れてはいけません。(後述参照)

ハイドロキノンの市販薬と処方薬の違いと、副作用について

ハイドロキノンは、強い効果ゆえにいろいろと制約があり、濃度5%以上は発がん性の危険も秘めているという点を、まず覚えておいてください。

市販薬

先述の危険性なども考え、市販薬には濃度1%~4%までの配合しか認められていません。
そもそも股に使用するのであれば、この部位の肌がデリケートであることを考慮して低い濃度のものを使うほうが良いですし、使用時に専門家の手が届きにくい市販薬の安全性を考えるなら当然のことと言えるでしょう。

処方薬

皮膚科などで処方されるハイドロキノンの場合も、5%以上の濃度での処方について、先述の理由も含めてあまり良いとはいえなさそうですが、基本的には医師の診断に従いましょう。
また、この成分は浸透力があまり良いとはいえない特徴も持っていて、皮膚科で処方されるときは、その点を補うトレチノインも併せて処方されます。

また、トレチノインの副作用として知られる「炎症後色素沈着」をハイドロキノンで抑えるという逆の利点もあり、この2種類は皮膚科での黒ずみ対策にセットで使用されることが多いようです。
なお、皮膚科での処方になる場合、ハイドロキノンもトレチノインも保険適用外ですので、費用面での考慮が必要になります。

ハイドロキノンで股の黒ずみを消すのはオススメできるか?

前項の点を踏まえた上で……

【リスクも覚えておこう】
効果が高い点については言うまでもないところですが、そのぶん大きなリスクも備えているということは、充分に覚えておいてください。
ハイドロキノンは、使い方を間違えると、かえって肌トラブルに見舞われることもあります。特にデリケートな股の肌に使うには、自己判断は危険な成分であると認識しておいたほうがいいでしょう。

無難なのはデリケートゾーン専用の黒ずみ専用クリーム

黒ずみ対策として無難なのは、やはり、「デリケートゾーン専用」をうたう黒ずみ専用のクリームです。
市販のものから通販でしか買えないようなものまで様々ありますが、基本的には安全性を考慮して成分が配合されていますので、あとは自分の肌との相性ということになりますが、ヘタな自己判断よりは安全といえるでしょう。