股の臭いと黒ずみはどうして起こるの?対策と予防法を教えて!

女性にとって股の黒ずみと臭いはどうしても気になってしまうものです。正しい方法でしっかりとケアをしていくようにしましょう。

黒ずみや臭いの原因はどんなものなのでしょうか。そちらを詳しく説明します。

股の二大悩み・「黒ずみ」と「臭い」

人には言えないけれど、実は多くの人が股の黒ずみと臭いに悩んでいます。肌が黒ずんでいると不衛生に見えてしまうし、臭いがきついと周りの人にも気づかれてしまうのではないかと不安になります。

パートナーとのコミュニケーションがうまくいかなくなることも。パートナーである男性にとって、股のトラブルは見たくないもの。黒ずみや臭いがあるとコミュニケーションも減ってしまいます。

黒ずみや臭いは気になり始めたらきちんと対処するようにしましょう。しっかりとケアをすれば改善していきます。

股に黒ずみができる原因

黒ずみは肌の中にできてしまったメラニンによって引き起こされます。肌が何かしらの刺激を受けるとメラニンを作って肌を守ろうとします。通常役目を終えたメラニンは古くなった細胞と一緒に剥がれ落ちていきます。

けれども股は常に下着で覆われており、蒸れやすく、擦れやすい部分です。そのため正常に肌が代謝していかず、古くなった細胞がそのまま残ってしまいます。

その結果色素沈着が起こり、肌が黒ずんで見えてしまいます。

また、蒸れやすく擦れやすいという環境は垢が溜まりやすくなる環境でもあります。垢が落ちていかず、下着によって擦られることで毛穴などに入り込みます。毛穴の汚れが股の黒ずみになります。

股の臭いの原因

股が臭う症状のことを「すそが」と呼びます。よく脇が臭うことを「わきが」と呼ぶのを聞いたことがあると思います。名前が似ていることから分かるように、すそがもわきがも原因は同じです。

陰部の周りや脇にはアポクリン汗腺が集中しています。アポクリン汗腺から出てくる汗は臭いの原因になります。触るとべとべとしており、肌に付着しやすく、雑菌を繁殖させることがあります。

アポクリン汗腺が集中している股は、常に下着に覆われており温度も湿度も高くなります。雑菌が繁殖しやすくなり、汗の臭いと雑菌の臭いを発します。

女性の股の臭いの原因はほぼこのアポクリン汗腺にあります。常に清潔にするようにしましょう。

ケアをするなら別々に

臭いと黒ずみは女性の股の悩みの代表格です。同時にトラブルを抱えてしまうこともあります。トラブルが起こった際には「臭い対策」と「黒ずみ対策」を分けてケアするようにしましょう。

臭いの対策の基本は清潔にすることです。股専用の石鹸などを使って毎日きれいに洗うようにしましょう。アンダーヘアのケアをすることも効果的です。

黒ずみ対策としては保湿を心がけるようにしてください。こちらもできれば専用のクリームを使用しましょう。股の肌は非常に敏感なので、体の他の部位用のクリームだと肌荒れを引き起こす恐れがあります。

黒ずみ対策も一緒にできる股専用石鹸も販売されています。臭いと黒ずみを同時にケアできますが、あまり効果を望めません。できれば別々に分けてケアしていった方が効果的です。

股をゴシゴシ洗うのは逆効果!

黒ずみ・臭い対策のために石鹸でゴシゴシ洗うのはよくありません。皮膚が擦れて黒ずみを悪化させ、膣の自浄作用を弱めてしまうため臭いもきつくなります。

肌への刺激を少なくするよう心がけ、優しくケアするようにしましょう。